スポンサーリンク
男と女

コスモス

東京の夏空は青が薄い。人々の生活なんて知ったことじゃない。そう言っているようで薄情に見える。 だから、これでもかと執拗に濡れた暑さを地上に投つけられるのだろう。鶴岡一馬はそう思うことがある。 どこまでも澄みわたる青い空に、白い雲...
波乱の人生

昭和の偉人とスターから学べ!悩みも迷いもない人間なんていない

偉人、スターといえども一人の人間。 悩みや迷いを抱えていない人など、一人もいません。 偉人もスターも悩みを吹っ切り、迷いを克服して一流になったのです。 努力なしの天才など、世に存在するわけがありません。 目の前の問題を克服し...
小樽の観光

長万部駅から山線に乗った藤井聡太八冠が小樽駅に、ただ今到着!

長万部駅から山線に乗った藤井聡太八冠が小樽駅に、ただ今到着! その逆でもいい。 たった今、藤井八冠を乗せた山線が小樽駅から長万部駅に向かって発車した。 いつか、そんな日がやって来るだろうか。 藤井聡太八冠が乗ってみたいと言っ...
スポンサーリンク
小樽の観光

小樽の長崎屋裏にある静屋通りは小樽の原宿と呼ばれたナウな街?

タクシーが客待ちをしている長崎屋の裏通りを、静屋通りという。 明治時代、榎本武揚とともにこの辺りの大地主だったのが第4代北海道長官・北国道国だ。 北国の雅号「静屋:せいおく」を訓読みにして『静屋:しずや』通りと命名。 明治の終わり...
小樽の観光

小樽駅前から第三ふ頭に停泊中の豪華客船が街の一角のように見える!

駅全体が歴史的価値を持つJR小樽駅。 開業は1903年(明治36年)6月28日だ。 小樽と函館を結ぶため私鉄北海道鉄道は全通に先立って、小樽~蘭島だけを開通させた。 それが小樽駅の始まりだ。 当時は『中央小樽駅』の名称だった...
未分類

潮太鼓がおたる潮まつりを盛り上げる!若潮隊の真剣な眼差し

『おたる潮まつり』と切っても切れないのが『潮太鼓』だ。 『潮太鼓』には昭和42年(1967年)第1回 『おたる潮まつり』開催を機に結成された歴史がある。 潮太鼓はおたる潮まつりで躍動する!涙を誘う男たちの望郷とは? おたる潮まつりにお...
未分類

おたる潮まつりの歴史がドラマチックだ!ねりこみを完成させた一言とは?

今や大勢の観客を集め、北海道を代表する夏祭りとなった『おたる潮まつり』。 『おたる潮まつり』誕生の歴史がとてもドラマチックなのだ。 三波春夫に『潮音頭』を歌ってもらうことに成功した逸話も凄いし、『ねりこみ』を短期間で完成に導いた最古...
波乱の人生

杉良太郎が能登半島地震の避難地で炊き出し!養子の数が170人超の理由は?

杉良太郎の行動力には、誰も適いません。 御年79才。 2024年1月19日、能登半島地震の避難所である石川県金沢市「いしかわ総合スポーツセンター」で、杉良太郎が炊き出しを行いました。 寒風の中、自ら考案したメニューの肉うど...
波乱の人生

BOØWYが解散した本当の理由がズッコケで、伝説が霞んでしまう?

今や伝説と化したロックバンド『BOØWY』は、レコードデビューしたのが1982年3月のことです。 日本初の本格的ロックバンドBOØWYが結成された経緯を調べてみると、これまた実にロックでドラマチックなものでした。 氷室京介と布袋寅泰が...
未分類

長嶋茂雄の伝説と名言そして珍エピソードの陰に隠された不屈の闘志!

長嶋茂雄さんと二人きりで会話したのは1991年の秋だったように記憶しています。 つま先から頭のてっぺんまでオーラがあふれ出て圧倒されてしまったものです。 このころ長嶋茂雄さんはいわゆる充電中でした。 1972年に現役を引退し、コー...
スポンサーリンク