スポンサーリンク
未分類

石原慎太郎の名言と人生、そしてノール賞文学賞作家大江健三郎との関係は?

石原慎太郎はこのような言葉を残している「自分の一生をプロデュースし演じるのは、誰でもない自分自身であって、それ以外の何者でもない」 作家であり政治家でとても才能豊かだった彼の見果てぬ夢は憲法改正だった。 大江健三郎との交流も交えて伝えます。
未分類

樹木希林の名言と若いころの話題作とは?晩年は病魔との戦いだった!

快演の大女優、樹木希林が逝った。ドラマ、舞台、映画、CMにと印象に残る数々の名演技。そして、彼女は多くの名言も残しています。そんな彼女も晩年は晩年は病魔と戦う日々が続いたのです。名女優、樹木希林さんの役者人生と名言を振り返ります。
話題の人物

高田純次の伝説は国際的スケールで指名手配や入国禁止令まで出されたって本当?

高田純次は「テレビでテキトーキャラを演じているうちに、本当にテキトーになってしまった」と言っています。果たしてそれが本心でしょうか?彼がこれまで残してきた、数々の伝説に迫りました。
スポンサーリンク
話題の人物

松山千春の才能を見抜き北海道を代表するミュージシャンに育て上げた男とは?

松山千春はある男に見い出されてチャンスをつかんだ。誰でも多くの出会いを経験する。出会いは良い影響も与えることもあれば悪影響を及ぼすこともある。出会いをあまり意識せずに一生を送る人もいれば、決してある出会いを忘れない人もいる。松山千春はその男との出会いを生涯忘れることはない。
コピーライターへの道

コピーライターをやって日々に思うこと、感じること、考えること。

思うは、感情や情緒を伴う思考です。 感じるは、感受性や感覚によって認知されることを指す言葉です。 考えるとは、知性を伴う思考のことです。 ですから、この記事のタイトルを見て『思うこと』と『感じること』は「同じじゃな...
話題の人物

三遊亭円楽が不倫会で見せた落語家としての真骨頂。ユートピアを追った日々とは?

6代目三遊亭円楽と言えば『笑点』。彼が笑点に残した功績は計り知れません。そして落語界に残した最も大きな功績は落語界統一に道筋を付けたことです。「今回の騒動とかけまして、東京湾を出て行く船と解きます。その心は航海の真っ最中」不倫会見も秀逸だった。
話題の人物

石田ゆり子が結婚しない理由と衰えを知らない魅力の秘密とは?

石田ゆり子は年上の天海祐希を「アニキ」とと呼ぶのだそうです。とてもピンときますね。石田ゆり子さん、あなたには重大な義務があります。日本中の男のために、その清楚な初々しさ、そしてちょっぴり小悪魔的な魅力をいつまでも保つことです。
話題の人物

ノーベル賞はアルフレド・ノーベルの死亡記事とある女の存在によって創設された

死亡を報じたフランスの新聞に死の商人と書かれてショックを受けたノーベルが、その汚名をそそぐために取った手段がノーベル賞の創設だった。 さらにその陰には、あるオーストリア人女性との出会いもあったのです。『女性募集』の広告がもたらした出会いとは?
話題の人物

ビル・ゲイツはIT業界の悪人で、今世紀最大の慈善家ではない?

今世紀最大の慈善家として知られるビル・ゲイツだが、実はIT業界の悪人だった。そんな説を唱える人が多くいます。彼らが指摘するビル・ゲィツがIT業で行った悪業の数々とは、一体なんだったのか?ビルゲイツがやっている現在の慈善事業は何のため?
話題の人物

奥田瑛二の次女は安藤サクラで芸能一家!天知茂の付き人だった過去とは?

奥田瑛二の妻は安藤和で、彼は若いころ天知茂の付き人をしています。だが天知さんの元を逃げ出した奥田瑛二は辛酸をなめつくしたような苦労の連続でした。54歳の若さで逝ってしまった天知茂さんをいまでも師匠として慕っているが、なぜ逃げだしたのか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました