人生を変えたいなら、4つの学習タイプを知って人を動かせ!

PCと眼鏡 ビジネス

人を惹きつける文章術は、確実にあなたの人生を変えてくれます。

人の深層心理を大きく揺さぶるコピーライティングを習得することで、あなたはオンラインビジネスで大きく飛躍することができます。

 

そのためには人を動かす4つの学習タイプを知ることが必須です。

 

4つの学習タイプは次のように分けられます。

1、なぜタイプ

2、何タイプ

3、どうやってタイプ

4、今すぐタイプ

 

これを極めるとあなたは一流のコピーライターです。

4つの学習タイプを知って、『成功を体験させ』『信頼を得』『人を行動させる』。

 

これがビジネスの基本です。

この流れを知れば、あなたのビジネスは成功間違いなし。

人を惹きつける文章を書く人が稼いでいる

ノート

20年前では想像すら出来なかったほど、インターネットの普及は人々の通信手段を変え、情報発信を容易にしました。

 

Twitter、Line、フェイスブック、メルマガ、ブログなどなど、個人の情報発信手段は年々バリエーションが豊かになります。

 

ビジネス面から見ると20年と言わず、10年前ですらダイレクトメールやチラシなどで膨大な時間とお金、労力をかけて見込み客を集めたものです。

 

しかし、現代ではワードプレスや無料ブログ、メルマガなどを利用し、個人が簡単にお客様を集めビジネスを展開できるようになりました。

 

本当に有難い時代が到来したのです。

決して大げさではなく、人類史上振り返っても今以上に個人がビジネスに参入し、成功する環境が整っていた時代は他にないでしょう。

 

10年前はチラシやダイレクトメールにお金をかけたくなければ、飛び込みセールス。

『飛び込み』なんて、よーく考えると危なっかしい言葉ですよね。

 

社員を人間として扱わず、金を稼ぐパーツとしか思わない一部の経営者は、今でもやっているようですが怖い話です。

 

そして無差別なテレアポ。

不思議なことにこれをやっているのが、情報産業の最先端を行くべきインターネットのプロバイダーや携帯端末の販売関連。

 

テレアポでは最近驚いたことがあります。

互いのメルマガを購読し、チャットワークでも時々会話をするネットビジネスの仲間がいます。

 

彼に誘われて輸入物販のZoomセミナーに参加したのですが、そこで凄い大和撫子に出会ったのです。

40歳過ぎの美女でしたが、物販で月200万円以上稼ぐのだという。

 

「私はここ2年間で5,000人の知人、友人に電話で連絡を取りまくりました。

そのうちの数百人の方に購入してもらいました」

 

だから、収入を増やしたかったら皆さんも多くの人へ押しかけよ、電話しまくるべし。

稼ぎたかったら突入あるのみ!そんな教えでした。

 

『♫勝ってくるぞと勇ましく♪・・・・・・♬』

凄いですね、私が父から聞いた旧帝国陸軍の精神を引き継いでいる方がいらっしゃる、しかも女性で。

 

大和撫子は逞しいのです。

5000件のテレアポ、あなたはできますか?

私はできませんし、やる気も、やる必要もまったくありません。

 

そもそも、普通は電話できる友人、知人が5000人もいません。

おそらくこの女性は、保険の外交員か何かをしながら副業で物販をしていたが、いつの間にか本業が代わってしまったのでしょう。

 

私はまだそこまで行っていないので、月収200万円は素晴らしいと素直に認めます。

けれども、私の参加しているビジネス塾の講師や塾生にとっては、月収200万円は決して珍しいことではありません。

 

メルマガやブログ、フェイスブックを通じてサービスを売ったり、セミナーの集客をして億万長者になった塾の講師はもちろん、塾生もいます。

 

これらはすべてコピーライティングによる集客が基本となっています。

大和撫子のド根性物語に驚くと同時に、コピーライティングの威力をまざまざと再認識させられたのです。

 

ただし、今がいくらビジネス環境が整っているとは言え、稼げる人と稼げない人に二極化することは避けられません。

それは、今も昔も変わらない事実です。

 

オンラインで稼げる人、稼げない人、この差は一体何でしょうか?

マインドセットからスキルまで様々な要因はありますが、一番大きな違いは『コンテンツ力』があるかないかです。

 

コンテンツ力をもう少し分かりやすく言えば、人を惹きつける文章が書けるかどうか、ということになります。

 

この違いは、とてつもなく大きいのです。

おそらく、あなたはまだその大きな結果の違いに気が付いていないと思います。

 

思い返してみて下さい。

あなたが一度でもネット上で情報商材を買たことがある、アフィリ塾に入ったことがあるとしたら、やはりセールスレターの文章につられたのではないでしょうか?

 

継続して読んでいるメルマガやブログも、共通してコンテンツ力が高いはずです。

面白いメルマガ、面白いブログ、面白いフェイスブック・・・・・・・。

 

その作者たちには共通して群を抜いたコンテンツ力があります。

そして、お金も稼いでいるのです。

 

今はまだ、ネットでお金を稼ぐことにピント来ない方でも、コンテンツ力がアップするとブログやメルマガの読者が自然と増えて、お金を稼げることに気が付きます。

 

事ほど左様にコンテンツ力は偉大です。

信頼があれば知名度も実績も関係ない!

夕焼けの海

コピーライティングを駆使してコンテンツ力を上げるために最も大切なのは、『パターン』を暗記することです。

 

文章が上手いだけでは、人の心を惹きつけるコピーは書けません。

また、文章が下手だから人を惹きつけられないわけではありません。

 

人を惹きつける内容の濃い文章にはコツがあるのです。

パターンがあります。

テンプレートが存在します。

 

そのパターンを徹底的に覚えてください。

人を惹きつけるパターンさえ覚えてしまえば、あなたも売れる文章が書けます。

 

けれども、その前に文章を躊躇なく書くために必ず覚えるべきマインドセットがあります。

『実感こそ最大の信頼』

 

「私は無名だからコピーライティングでは稼げません」

「実績がないから書くことができません」

 

このように考える方が多いようです。

あなたも、そう思っていませんか?

 

確かに現実は実績や知名度があった方が有利です。

成功への近道になります。

 

しかし、よーく考えてみてください。

最初から有名だった人はこの世に存在しません。

 

スタート時点から豊富な実績を下げていた人など、誰一人いません。

親の七光りなど多少アドバンテージはあるかも知れませんが、少なくとも現在ネットビジネスで稼いでいる方は、すべてゼロからスタートしています。

 

ここに一つの有力なデータがあります。

アメリカの億万長者の7割は一代で財を築いています。

 

親の資産や遺産を全く頼りにせず、ゼロから自分一人で億の財産を築き上げたのです。

10代で億万長者になった人もいれば、中には60代で大ブレークした人が何人もいます。

 

晩年になって大成功を収めた代表が『カールネル・サンダース』の愛称で親しまれる、『ケンタッキー・フライド・チキン』の創業者。

 

本名はハーランド・デーヴィッド・サンダースと言います。

ケンタッキー・フライド・チキンを立ち上げたときはすでに65歳になっていました。

 

つまり、無名だから、実績がないから、というのは全くの言い訳であって、やらない理由を探しているに過ぎません。

 

では、どうしたらゼロから稼ぎ出せるのか?

それこそが先ほど述べた『実感こそ最大の信頼』です。

 

あなたはビジネスで最も大切なことは一体、何だと思いますか?

最も大切なことです。

一番大事なことです。

 

「なんだかんだ言っても、やっぱり商品ですね」

「コピーラィティングかな。

コピーが悪ければ商品がよくても買ってもらえないし」

 

「いやいや、動画ですよ。

今は動画の時代なので動画で大きく差をつける必要があります」

 

いろんな意見があると思います。

それぞれの答えは間違ってはいません。

でも、大正解とも言えません。

 

正しい答えはこれ、『信頼』です。

信頼がなければビジネスは始まりません。

 

『信頼』がなければビジネスは成立しません。

『信頼』がなければビジネスは続きません。

 

突き詰めると『信頼度』が実績であり、知名度と言えます。

「あの人は有名だから信頼できる」

「あの人は実績があるから信頼できる」

 

信頼度が高まれば有利だということが分かると思います。

これ、逆に言えば『信頼さえあれば無名でも稼げる』ということになります。

 

実績も知名度もないのであれば、シンプルに信頼度をあげるだけでよいのです。

ハッキリ言ってしまえば、信頼さえあれば他は何もいりません。

 

『Web広告のテクニック?』

そんなもの必要ありません。

 

『何か特別なネタ?』

関係ありません。

 

信頼さえあれば、あなたがビジネスで成功するのは簡単です。

大金を稼ぐのもそう難しいことではありません。

 

もう、嫌な上司にぺこぺこ頭を下げる必要もなければ、機嫌を取る必要もありません。

あの満員電車、嫌ですねえ。

 

もう無理して乗る必要もありません。

お客さんからの苦情ともオサラバです。

 

必死になってビジネスの勉強もしなくてよいのです。

好きな時間に起きて、気の合った人とだけ話してウナギでも寿司でも、ローストビーフでも好きなものを好きなだけ食べてください。

 

ゴミゴミとせっせこましい都会が嫌なら、きれいな海、空気の澄んだ山、好きなところへ住んでください。

 

趣味があったら趣味を中心に、社会貢献したいなら社会貢献をしながら、好きな人生を歩んでください。

想像するだけで心ウキウキ、本当に楽しくなりませんか?

 

しかし、『信頼』がなければ、あなたがこれから寝る間も惜しんで、死ぬ気で勉強しても、1万冊の本を読んだとしても絶対に成功は叶いません。

 

これからお伝えする『信頼の法則』を身につけたなら、あなたはビジネスに成功するだけでなく、人間関係まですべてがよい方向に回転し始めます。

 

あなたの周りの人すべてがあなたを必要とします。

身内からも他人からも必要とされる人間になれるのです。

 

ビジネスで成功して、周りの人々から必要とされるためにあなたは、真剣に『信頼の法則』を学ぶ必要があります。

 

考えてもみてください。

もし、お客さんがあなたのことを100%信頼しているならば、たとえあなたが欠けた茶碗を販売したとしても、喜んで買ってくれると思いませんか。

 

そこにはコピーライティングもマーケティングもSEOも何一つ必要ありません。

あなたが

「ハイ、茶碗です。

どうぞ買ってください」

と差し出すだけで、欠けた茶碗でさえ買っていただけるのです。

 

なぜなら、そこに『信頼」があるからです。

『信頼』とはそういうものです。

 

あなたが売るものだから、きっと意味がある。

お客さんは勝手にそう思ってくれるのです。

『信頼』とはそいうものなのです。

 

しかし、逆にそこに信頼がなければ、あなたがどんなに最高の商品を作り、最高のコピーを書き上げたとしても、お客様はあなたから何も買ってはくれません。

 

素晴らしいホームページを作って、権威ある人々から推薦文を書いてもらったとしても、全く効果はありません。

 

『信頼してもらう』

それこそが、ビジネスで最も難しく、最も大切なことなのです。

 

では、あなたはどうしたら、お客さんから信頼してもらえるのか?

信頼を勝ち取るためには何をするべきか?

次はその方法に迫ります。

成功を体験させると人はあなたを信頼する!

信頼

どうしたらお客さんから信頼してもらえるのか?

当然、その疑問が出て来ると思います。

 

そこで、あなたに大切な質問をします。

「あなたはどんな時に他人を信頼しますか?」

 

・正直に心を打ち明けられた時

・その人が有名であるから

・たくさんの人から信頼されているから

・権威ある方から推薦されたから

 

そうですね、どれも大切な要素ではあります。

ですが、一番ではありません。

 

人が人を最も信頼するとき、それは成功を体験させられた時です。

成功を体験させられる以上に、人が人を信頼することはありません。

 

例えばあなたが誰かにビジネスを教わり、10万円を稼いだとしましょう。

そしてその方が、こう言ったらどうでしょうか?

 

「次は20万円稼ぐ方法を教えます。

知りたくありませんか?

参加費は10万円です」

 

すでに10万円稼ぐノウハウを教わったのだから、この人は信用できる。

さらに多く稼ぐために投資しよう。

 

あなたはそう考えるでしょう。

そして、10万円を投資して学び、今度は20万円稼げたとします。

 

「では次のレベルにステップアップしましょう。

今度は一気に100万円稼ぐ方法を伝授しましょう。

 

参加費は20万円です。

どうしますか、参加しますか?」

 

私だったら迷わず参加します。

おそらくあなたも、かなり高い確率で参加すると思います。

 

どうしてでしょうか?

それは成功を体験させられているからですね。

 

一方、テレビに出ている有名人が、こう言ったとします。

「あなたに100万円稼がせますので、10万円下さい」

 

ほとんどの人が躊躇すると思います。

有名だけでは信頼関係が築けないからです。

 

しかしこれは、詐欺の常套手段でもあります。

例えば、投資などで最初に数10万円稼がて信頼させ、その後に数百万円、数千万円を投資させてトンズラする。

 

詐欺の世界ではよくあるパターンです。

大昔からあり、今でもなくなりません。

 

それほど『成功を体験させられる』『成功を実感する』ということは、強烈な信頼を生み出すことになる証明でもあります。

 

あなたがビジネスで成功するために、絶対に忘れてはならないことがあります。

『一つでも多くの成功をお客様に体験させること』

それに尽きます。

 

これ以上大切なことはありません。

成功を体験させるのです。

 

では、どうすればお客様に成功を体験させられるか?

他人を動かして、成功に導く究極のステップをお伝えしましょう。

 

あなたはこのステップを何も考えず、ただピコピコ利用するだけで他人を成功に導くことが可能になります。

 

それによって信頼を勝ち取り、ビジネスでも人間関係においても大きな成果を手にする事ができるのです。

 

よろしいでしょうか?

1、ビジネスで最も大切なのは『信頼』

2、信頼してもらうためには成功を体験させる

3、そして、成功を体験させるためには相手に行動してもらうことが必須となる

 

この『相手に行動してもらう』ことが最大のネックになります。

行動してもらわない限り、相手を成功させることはできません。

 

多くの方は行動しません。

何かと理由をつけては動かないものなのです。

 

行動しない理由をどこか遠方から探してきては、正論を振りかざして動かないのです。

人間、誰もが持っている『楽をしたい』本能が邪魔をするのです。

 

だからと言って、行動してもらわなければ成功を体験してもらえません。

あなたは信頼を得られません。

 

行動しない限り成功はあり得ません。

どんなに素晴らしいダイエットのノウハウを知っても、それを実践しなければ0.1gだって痩せることができません。

 

どんなに究極のお金儲けのノウハウを持っていても、行動しなければ1円だって稼ぐことができません。

 

成功するためには行動しないといけません。

それを分かっていても行動しないのが人間なのです。

だが、あなたはそんな人たちに対して、成功体験を与える必要があります。

 

繰り返しになりますが、とても大切なので何度でも言います。

成功を体験させ、信頼を得るためには相手を行動させる必要があります。

 

そのためにあなたが何が何でも覚えなければならないのが、『他人を行動させるテクニック』です。

 

甘えん坊で言い訳の天才で、楽したがりの他人を強制的に行動させて、成功に導く必要があるのです。

 

だが、ここで一度成功に導くことさえできたなら、相手はあなたを信頼しこれからも必要とします。

 

そして、あなたからの次の情報や商品を待ち続けるのです。

永遠に商品を買い続けてくれる素晴らしいお客様に変身するのです。

 

つまり、あなたはどんなものでも売ることができ、永遠に稼ぎ続けることができるのです。

行動させ、成功させ、信頼を勝ち取ること。

 

ここにすべてのエネルギーを注ぐ必要があります。

これこそが、ビジネスであなたが成功する秘訣です。

 

『無名だから』『実績がないから』と嘆く必要は全くありません。

実績や知名度は『有るもの』ではなく『作るもの』だからです。

 

相手に成功を体験させると嫌でもついてきます。

では、どうすると相手に成功を体験してもらえるか?

 

逆算するとわかります。

成功を実感させるということは、相手に行動させることです。

 

行動してもらわない限り、成功を体験させてあげられないからです。

答えは、相手の感情を揺さぶり行動させる、です。

 

ここにフォーカスする必要があります。

行動を起こさせるためには、相手の感情を揺さぶり、行動意欲:モチベーションを高める必要があります。

他人を動かす行動心理学『4つの学習タイプ』

学ぶ

読む人の感情を激しく揺さぶり行動意欲を掻き立てるためには、『4つの学習タイプ』を知る必要があります。

 

これを理解して文章に生かせると相手は嫌でも『行動したい』と思い始めます。

これは、人を行動させるための重要な心理学です。

ただの机上論、学問としての心理学ではありません。

 

この4つの学習タイプを理解して実践できれば、どんなに腰の重い人でも無意識に立ち上がり、まるで夢遊病者のようにガムシャラに行動してしまう、恐ろしいメソッドです。

 

それでは早速、4つの学習タイプを説明していきましょう。

人にはモチベーションが上がり、行動する4つのパターンがあり、人それぞれタイプは異なります。

 

4つの学習タイプは次のように分けられます。

1、なぜタイプ

2、何タイプ

3、どうやってタイプ

4、今すぐタイプ

 

「自分はどのタイプだろう?」

あなた自身がどのタイプなのかを確認しながら読むと、一層頭に入りやすくなります。

 

1、なぜタイプ:これは理由を求めるタイプです。

・何故それをしないといけないのか?

・それをやるとどんなメリットがあるのか?

・逆にやらないと、どんなデメリットがあるのか?

 

理由が分からないと行動できないのが『なぜタイプ』です。

例えば、ダイエットをやる理由として、次のようなことを挙げて行動意欲を引き出す。

 

・昔の服が着られるようになる

・彼女または彼氏に認められる

・自信がついてコミュニケーション力が高まる

・太っていると陰口をたたかれる

・肥満は糖尿病やガンの確率が高い

 

このようなことを理解するとダイエットに取り組みます。

ダイエットをしなければならない理由を聞くと、モチベーションがガチンと上がり行動したくなるのが『なぜ』タイプです。

 

2、何タイプ:背景や事実を求めるタイプです。

・それを証明する事実は何か?

・証明に値する歴史やデータはあるか?

・統計学などの専門的な裏付けがあるか?

 

このように証拠や背景が理解できない限り、行動できないのが『何』タイプです。

本を読むのが好きな人は『何タイプ』が多いと言われています。

 

ダイエットを例にだすと次のようになります。

・WHOの発表データによると肥満はガンになる確率が〇〇%高い

・体脂肪率が〇%以上の人は血液が酸性になりやすく、糖尿病のリスクが高くなる

・標準体重よりも重い人は独身の確率がやせ型よりも高い

 

このような裏付けやデータを知ると行動意欲が湧く人が『何タイプ』です。

 

3、どうやってタイプ:方法論が分からないと、スタートできないタイプです。

ステップバイステップで、何をしたらよいのか教えてもらうと、動けるようになるタイプです。

 

ダイエットをより効果的に実践するには、次のような方法で取り組んでください。

ステップ1:〇を〇〇〇する

ステップ2:✖を朝晩必ず✖✖実行する

ステップ3:△△を△▽に▼する

 

このように方法や流れをつかめると俄然やる気が出て、モチベーションが上がり行動に移したくなるタイプです。

 

最後が

4:今すぐタイプ:ともかく理由も背景も方法論もどうでも良く、聞いたらとりあえず行動して見るタイプです。

 

このタイプはせっかちな人が多い。

また、『実例好き』な人が多い傾向があります。

他人の成功例を見たら何も考えずに、すぐ真似をしたくなるような人がこのタイプです。

 

 『なぜ』『 何』『 どう やっ て』『 今 すぐ 』あなたは、この4つのタイプのどの要素を強く持っているでしょうか?  

 

どのタイプが、一番成功しやすいというのはありません。  

またどれか1つのタイプだけしか持っていないのではな く、すべての人がすべての要素を持ってい ます。

 

私は次のような順でした。

1位、今すぐ

2位、どうやって

3位、何

4位、なぜ

 

ちなみに私の友人の億万長者は、

1 位、どう やっ て

2 位、

3 位、なぜ

4 位、今 すぐ

でした。

 

なぜ、何、どうやって、今すぐ、あなたもここで自分はどの要素が強いのか?

実際に順位をつけて見て欲しい思います。  

 

ほんの1分だけ時間をとって、エクササイズしてみて下さい。

あなたの学習タイプいかがだったでしょうか?  

 

自分のタイプ がわかる と、自分の行動を自由自在にコントロールすることができるようにもなります。

だからこそ、ぜひ順位 出して下さい。

 

ここで話を戻しまが私達ビジネスマンは、大勢のお客さまを行動させ、成功体験をさせて、信頼を勝ち取る必要があります。

 

1人だけ成功させても1人からしか、お金をもらう事ができませ ん。  

つまり、『たくさん』の人を成功させる必要があるのです。  

 

自分がどのタイプ かを知る事も重要です。  

しかし、最も大切な事は、人には様々なタイプがある事を理解することなのです。

そして、1つのタイプだけに偏っ た説明をすると、大勢の人を動かせないという事実 です。

 

例えば、『 なぜ タイプ』の理由を求める人に

「今 すぐ コレ を やれ!」

と言ったらどうなるでしょうか?  

 

たぶんその人物 は、二度とあなたの話を聞こうと思わなくなるに違いありません。

「 やれの前に理由を教えろよ!」

と感じてしまうのです。

 

逆に『 今 すぐ タイプ』の人に、理由や背景をクドクド説明したらどうなると思いますか?  

同じように2度とあなたの話を聞こうと思わなくなります。  

 

「 話が長い」「 能書きは良い」

と思われてしまいます。  

 

このように書くと、それって当たり前のことだよね、と感じる方が多い思いす。

しかし、想像以上に世の中の多くの文章や本は、人間には4つの学習タイプがある事理解しないまま書かれています。

 

自分の言いたい事だけを言っています。  

自分のタイプからの視点だけで、物事を話してしまいます。  

だから多くの人を行動させる事ができないのです。

 

私は『 今 すぐ』の要素が強いので、 どうしても

「今すぐこれをやれば成功でき ます」

という言い方をしてしまいがちです。  

 

そのため私は、常に4つの学習タイプを意識して、文章を書いたり、 話すようにしています。  

それを意識し、実践するようになってから、文章を読んだ相手の反応が劇的に変わりました。  

 

活用すればするほど、お客さまの反応が良くなり、商品やサービスが面白いように売れるようになったのです。  

 

ちなみに、 一般的には「 なぜ」「 何」タイプが強い人が最も多く、それぞれ33% 以上というデータがあります。  

 

つまり「 なぜ」「何」の2つのタイプだけで、全世界の人口の約7割を占めているのです。

このデータをもと考えると、人を行動させる最も効率的な流れが自ずと、見えてきす。

 

1: なぜ

2: 何

3: どうやって

4: 今すぐ  

の順番で話す事なのです。  

 

『なぜ』『 何』『どうやって』『 今すぐ』この4つの要素をこの順番通りに話すと、どんな人でも行動し始めます。  

すべての要素が入っているので、どんなタイプでも行動せずにはいられなくなってしまうのです。

 

体が勝手に動いてしまうのです。

あなたはこの『4つの学習タイプ』を理解して、そして使いこなす必要あります。

そうする事によってどんな相手でも行動させ、そして成功体験を実感させる事ができ ます。

 

そして、ビジネスで最も大切 な「 信頼」を勝ち取る事ができるのです。  

では具体的にどのようにして使えば良いのか、 詳しく説明します。  

 

これからあなたは、ブログを書いたり、メールやセールス レターを書いたりする時には、必ずこの4つの要素を取り入れてください。

 

書き慣れれば自然にできるようになりますが、 最初はワードやメモなどに次の6つのステップで書き出しておくと楽になり ます。

 

< 6 ステップ >

ステップ 1: 相手を成功させるためにはどんな行動が必要なのかを書き出す

ステップ 2: その行動を起こすための『 なぜ』を最低5つ書き出す

ステップ 3: その証拠や根拠となる『 何』を最低5つ書き出す

ステップ 4: それを実行する方法をステップバイステップで書き出す

ステップ 5:『 今 すぐ』行動させるために何を言えば良いのか

       アイデアを書き出す

ステップ 6: 上記を文章( もしくは 会話)にまとめる

 

面倒かも知れませんが、何でも最初は練習です。  

これからメールやブログなどコンテンツを作る時も、 この6ステップを先にやっておくと、楽に4つの学習タイプで書けるようになります。  

 

そして、相手がどんなタイプでも、行動させる事ができるようになります。

あなたのコンテンツを見た相手は行動し、成功体験をし、あなたを心から信頼して、あなたの次の情報を待ち続けるようになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました