スポンサーリンク

東京オリンピックの悲劇森ひかりがトランポリン予選落ち!インスタグラムでの吐露

森ひかり 出来事

2021年7月30日、東京オリンピックに悲劇が起きた。

その実力と可愛い笑顔で注目を集めていた、トランポリン金メダル候補森ひかる選手が予選落ちしてしまったのだ。

 

彼女は選手村に入った当日の7月25日から盛んにツイッターでつぶやいていました。

 

 

この理由がけなげだ。

森ひかる
森ひかる

トランポリンはマイナー競技だから、 あまり知ってもらえていないけど、 こうしてSNSで発信することによってトランポリンをみんなに知ってほしい!

 

そして予選落ち後、彼女はオリンピックへのあこがれ、代表内定後の苦しみ、自身のこれからについてインスタグラムで心境を語っている。

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ

森ひかる選手トランポリン予選後インスタグラムで心境を吐露

トランポリン

1999年7月7日生まれのトランポリン森ひかる選手は、女子ゴルフで言えば『黄金世代』。

東京オリンピックの個人戦では残念ながら予選落ちとなってしまった。

 

テレビの解説者も「森ひかりはマジで金メダル候補だった、本当に残念」と嘆くばかりだった。

8月2日、森ひかる選手はインスタグラム上で予選落ちの悔しさを吐露した。

 

 

森ひかる
森ひかる

小学生の頃から夢みてきたオリンピック、まさかこんな形で終わってしまうなんて思ってもいませんでした。

 

しっかり演技をしたかった、笑顔で終わりたかった。
そしてこの舞台でしっかり演技をした選手がすごくカッコよかった

 

 

森ひかる
森ひかる

世界選手権で優勝し、オリンピックが内定してからここまで本当に色んなことがあった、苦しかった。

 

何度も泣いて、笑顔が消えて行く自分にも悲しく、夢だったはずの舞台が怖くて、逃げたくて逃げたくて仕方なくて、私はオリンピックに出れるほど強い人ではないと思っていました。

 

 

森ひかる
森ひかる

決勝をみてる時、もう頑張らなくていいんだなって思ったら、背負っていたものがスッと消えたのを感じて、苦しかったんだなと思いました。

 

どんなに苦しい日もよく逃げずにこの舞台まできて演技したね、初めてのオリンピックで期待される中よく頑張ったねって甘いかもしれないけど、今は自分を沢山褒めてあげたい。

 

 

そして、こう結んでいる。

 

森ひかる
森ひかる

正直まだ結果を受け止めきれていない感じもするし、これからもずっとこの結果と付き合っていかないといけないことは苦しいと思う。

 

けど、こうなってしまったからわかることもあり、これはこれできっとこれからの人生に生きていくはず。

 

 

 

森ひかる
森ひかる

絶対に生かしていく!
私の人生はまだまだここから!💪
.
ありがとう東京オリンピック。
ありがとうトランポリン。
そしてみんなみんなありがとう。

 

彼女まだ若い、次のチャレンジに期待したい。

『絶対に生かしていく!私の人生はまだまだここから!』この力強い言葉を信じよう。

 

森ひかる選手

【演技が途中で終わり呆然とする森ひかる選手】

 

森ひかる選手は東京都足立区出身で扇小学校、江北中学校(現:江北桜中学校)で学んでいます。

足立区の皆さんはさぞかし落胆していることと思いますが、これにめげず今後も応援してくださいね。

 

東京オリンピック・トランポリン日本代表の森ひかる選手は天真爛漫だ。

2019年12月1日、東京オリンピック予選を兼ねた世界選手権個人で優勝。

 

同時に東京オリンピック日本代表が決まった。

森ひかる選手はその瞬間、ぴょんぴょん跳びはねて全身で喜びを表現した。

 

会場を駆けまわり、観客席に何度も手を振る姿が印象的だった。

実は予選の演技後「今日、寝坊しちゃったんです」と笑顔で明かすほど天真爛漫なのだ。

 

けれども競技モードに入ると、人が変わった様に真剣な表情を見せるのが森選手。

演技の順番を待っている間は他の選手の演技は決して見ない。

 

壁を向き、ひたすら演技の確認をしている。

トランポリンはわずか20秒間の一発勝負だ。

 

だからこそ、高い集中力が求められる。

この切り替えの仕方にも森ひかる選手の強さが見てとれる。

 

「爪を見るとテンションが上がります」

森選手は大学生になってからネイルを始めた。

 

トランポリンにすべてをささげる森ひかる選手にとって、今ではネイルが心の活力源だ。

試合前にはレオタードに合わせたデザインにするなど、指先から気合を注入する。

 

ネイルの話をする時、可愛い森ひかるの笑顔はさらに輝くのだと言う。

だが、東京オリンピックでは1本目からミスを連発。

 

2本目はコースアウトして演技が途中で終了。

実に残念な予選落ちとなってしまった。

 

森ひかる選手のインスタグラム❣

 

【森ひかる選手のプロフィール】

 

地元のスーパーの屋上にあったトランポリンでその楽しさに目覚め、教室に通い始めた。

14歳で13年の全日本選手権個人に出場し、史上最年少で優勝。

 

生年月日        1999年7月7日
性別          女
身長/体重       159cm/51kg
所属          金沢学院大ク
学歴           金沢学院大
出身地          東京都足立区
種目           トランポリン

 

【主な戦績】

・17年世界選手権 シンクロナイズド2位

・18年世界選手権同優勝

・18年アジア大会個人2位

・19年世界選手権個人優勝

 

 

ご家族や足立区の皆さんはさぞかし落胆していることでしょうね。

だが、インスタグラムを見てわかる通り、彼女はもう前を向いている。

 

新たな挑戦を誓っていますが、森ひかる選手は少しお休みになって鋭気を養ってください。

そして、洋々たる前途に再び歩み出そう。

タイトルとURLをコピーしました