あなた自身の本当の目標を知ることが成功を呼び寄せる

成功 ビジネス

自己啓発セミナーは自分を否定するところから始まる。

だから、参加者は必死で思う。

 

「自分は変わらなければいけない」

「今の自分を捨てなければいけない」

 

これはとても危険ではないでしょうか。

研修が中途半端で終わったなら、残るのは自己否定と自信喪失。

 

自分に自信のない人はビジネスで成功する確率は低く、異性にもモテません。

自分を許容して下さい、肯定して下さい。

自己啓発セミナーは洗脳、自分の意識を見失う!

サクセス

当たり前ですが、自己啓発セミナーは洗脳です。

ただし、洗脳がすべて悪いと全面否定するわけではありません。

 

良い方向に洗脳されるなら、それはそれで認められるべきです。

例えば、人をだますこと、人から奪うことが当たり前の環境で育った人は、そのような習慣が身に付きます。

 

これを『だます』『奪う』は犯罪だと教えて洗脳する。

それによって、洗脳された側が行動を改めたなら、それを非難する理由は全くありません。

 

だが、多くの自己啓発セミナーは参加者一人一人がどのような環境で育ったかなどには無関心。

百人いたら百人全員に同じカリキュラムを与え、全く同じ方向を向かせるのを目的としている。

 

具体例を挙げると自己啓発セミナーでは、自分の目標を大声で叫ぶワークが必ず組み込まれています。

 

「俺は絶対、年収1,000万円になるぞ!」

「俺は六本木ヒルズに住んで、フェラーリを乗り回すぞ」

 

誰もが似たように、誰かに植え付けられた夢や目標を叫ぶのです。

何がなんでも絶対に自分でつかみ取りたいわけじゃない。

 

自身の心からの夢でも目標でもないから、叫びながら無意識に考えている。

「どうせ無理だしな・・・・・・」

 

だから、年収1,000万円など意識をすればするほど、自分に無理だという認識が強まってしまうのだ。

心の底からそう思えて大成功する人がいるかも知れませんが、本当に一握りだと思います。

 

今のあなた自身を許容し、肯定しつつ行動することの方が大切です。

成功する確率も実はその方が高いのです。

 

自己否定は成功から遠ざかるだけです。

自分に自信を待たないとチャンスを逃し、運からも見放されてしまいます。

 

いわゆる『成功者』と呼ばれる方を何人も見てきましたが、共通するのは『自分に自信がある』です。

 

成功したから自信があるのではなく自信があるから成功したのです。

異性にモテる人もこれと同じですよね。

 

大して格好良くもない男性や美人でもない女性が異性にモテるケースは良くあります。

反対にイケメンだけど、美人だけど、自分に自信がない人はモテません。

 

自信のなさは表情や言動に出て、他人に気づかれてしまいます。

人は誰だって自信のなさそうな人とは、深く付き合いたいとは思いません。

 

そんな状況ではビジネスチャンスに恵まれるわけもなく、恋も芽生えません。

これまで生きてきた自分を許容してください。

 

『自分は変わらないといけない』とあまりにも強く考えることは危険です。

『自分は変わらないと・・・』は『今の自分はダメだ』と無意識に自己否定していることにつながります。

 

成功するためにはポジティブ思考が欠かせません。

自己否定はネガティブ思考の最たるものです。

 

短期的にはネガティブで慎重だけど長期的にはポジティブで自分に自信がある、そういうタイプが成功する人には多いと思います。

 

私は何度も『もうダメだ』『あとがない』『崖っぷち』いう状況に追い込まれた経験があります。

私はだから声を大にして言いたい。

「あなたなら大丈夫です!」

 

人間の能力は凄いもので、どんなに追い込まれても何とかなります。

年収1,000万円になりたいと願いなれないのは、今はまだその必要がないからです。

 

そして、もしかしてあなたの本当の望みは年収1,000万円じゃないのかも知れません。

人間は他の影響を受けやすいもの。

 

自己啓発セミナーでなくとも、誰かの書いた書物やセールスレターに触発されて、他人から植え付けられた夢を惰性で追いかけているのかも知れません。

 

自分自身の本当の夢や願望でなければ、実現の可能性はとても低くなります。

あなた自身が本当に望んでいる目標をもう一度振り返ってください。

 

自分自身の深層を見つめて、本当にやりたいことがはっきりと認識できたなら、あなたきっと殻を破ります。

 

大きく飛躍できるでしょう。

自分を許容し、真の目標を発見してください。

 

あなたは聞いたことがありませんか?

これまでと全く違う職業に転職した人や全く違う環境に移住した若者の声を。

 

例えば、サラリーマンを辞めて農業を始めた人。

まだまだ、始めたばかりで大した実績はないが、将来について聞かれると次のように答える人が多いのです。

 

「別に確固たる裏付けがあるわけじゃないけど、何とかなるだろうと変な自信だけはあるんですよ」

そう言って、屈託なく笑う。

 

日本人が誰一人いないような辺境の外国に移住した人も似ていますね。

「はじめは本当に右も左もわからなくて、どうしようかと戸惑いましたよ。

でも、何とかなる何とかなると言い聞かせているうちに、何とかなっちゃいました」

 

自信なんてそんなものでよいのです。

このような人たちは、自分が本当にやりたいことを知っていいるから、何とかなってしまうのです。

 

大丈夫です。

あなたも本当の自分を知ったら、必ず成功します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました