スポンサーリンク

霞ヶ関カンツリー俱楽部の有名人は麻生太郎、孫正義、問題のあの人も?

霞ヶ関カンツリー俱楽部 おすすめ!

霞ヶ関カンツリー俱楽部のンメンバーは企業経営者が圧倒的に多い。

銀行関係、上場企業、和食屋や和菓子の老舗一族などまさに多士済々。

 

松山英樹

【東京オリンピック・霞ヶ関カンツリー俱楽部18ホールの松山選手】

 

東京オリンピック・ゴルフ競技会場にもなりました。

2017年11月には、トランプさんと安倍首相の日米ゴルフ外交の場となったことでも有名です。

 

プレーするにはメンバーの同伴または紹介状が必要なので、一般ゴルファは簡単にラウンドできませんから、カーテン越しに俱楽部を見ているとようだと思われる方もいることでしょう。

 

このベールに包まれた名門・霞ヶ関CCのメンバーには、どんな有名人がいるのだろうか?

気になる方も多いことでしょう。

 

そして、オリンピックゴルフ競技会場に決定するや否や、降って湧いたかの如く数々の批判にさらされた霞ヶ関カンツリー倶楽部。

 

特に各方面から好奇の目に晒された女性問題に対する対応は迅速で、一般企業も危機管理の手本とするべきほどの見事な手際でした。

 

稲見萌寧選手が銀メダルに輝く!

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ

霞ヶ関カンツリー倶楽部の会員には老舗料亭や和菓子屋一族も!

霞ヶ関カンツリー俱楽部

霞ヶ関カンツリー俱楽部には政治家も多いが、現役では麻生太郎氏が最も有名です。

麻生氏とは義弟の関係にある、鈴木俊一氏もメンバー。

 

元政治家では呆れた言動の多い鳩山由紀夫氏もメンバーだ。

麻生家や鳩山家は代々続く会員で、日本のエスタブリッシュメントともいえる家柄だ。

いえ、「だった」の過去形が正しいかな。

 

有名経営者ではソフトバンク孫正義氏、サントリーの佐治信忠会長、オリックスの宮内義彦氏、戸田建設今井雅則会長などです。

 

他には京都の老舗料亭一族、和菓子製造一族、三重県の日本を代表する山林王などもメンバーに名を連ねています。

 

霞ヶ関カンツリー俱楽部の有名人には、常時テレビで見かけるような芸能関係者はいません。

何故か?

 

日本の伝統的な名門コースはスポーツ選手や芸能人をメンバーにしないゴルフ場が多いからです。

規約ではっきりとプロゴルファーのプレーさえ禁じている超名門ゴルフコースもあるほどです。

 

日本のゴルフ場は旧財閥系の経営者や旧貴族が中心になって開発された歴史があります。

作家などのいわゆる文化人はメンバーになれても、浮き沈みが激しく社会的認知も低かった芸能人はメンバーとして歓迎されなかったのです。

 

この傾向は今後も続くと思われます。

バブルで沸いた平成時代にも有名人による、信じられないような出来事があります。

 

関東のあるコースでプレー中、ホールをセパレートする木陰で背の高い男が用を足していた。

ふと気付き見上げると、隣の木の上には枝を払っている作業員がいるではないか。

 

ノッポの男は悪びれることもなく「よっ!オッサンご苦労さん」とその場を去った。

18ホールすべてのプレーが終わり、クラブハウスへ戻ると男は事務所へ来るよう促された。

 

事務所には社長が400万円の現金をテーブルに置いて待っていた。

「あなたの今日の行為は当クラブのメンバーとして著しく品位を欠いています。預り金をそっくりお返ししますので、退会してください」

 

木の上で剪定していたのは、造園業者からたたき上げて複数のゴルフ場を経営していたクラブの社長その人。

ノッポの男は誰もが知る、超有名スポーツ選手だった。

 

千葉県のあるコースでは当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったお笑い軍団のコンペが開催された。

プレー中の悪ふざけにはキャディさんが辟易するほどで、他のメンバーも眉を顰め、唖然とした。

 

極め付きはパーティーでの握りの成算だった。

別室の声がレストランまで響く大騒ぎ。

 

それでも懲りずに帰り際、再度フロントで現金をやり取りする芸人を見るに至り、支配人の堪忍袋の緒は切れた。

 

このコースに限らず近隣のコースを含めて、芸人軍団は出入り禁止となった。

彼らの中にはワイドショーでコメンテータを務め、偉そうに政治批判、社会批判を繰り返して悪びれない輩が何人かいるのだから、恐れ入る。

 

おでかけマガジン | Smart Access

 

さて、霞ヶ関カンツリー俱楽部はJOC(日本五輪委員会)やJGAなどスポーツ関係組織やスポーツ競技団体のトップが多くいることで有名です。

 

東京オリンピックのゴルフ競技会場となった霞ヶ関カンツリー倶楽部は、メンバーになるのが日本で最も難しい倶楽部の一つ、と言われています。

 

まず、いきなり正会員にはなれません。

最初は週日会員となり、3年ほどたたないと正会員に昇格できないのだそうです。

 

この週日会員は、日曜祝日は会員としてプレーできません。

しかも、3年たって希望すればすべての人が正会員になれるわけではありません。

 

過去には申請しても昇格できなかったり、先延ばしにされた方も実際いたようです。

なんだか昔の丁稚奉公のようで厳しいですね。

 

現在、霞ヶ関カンツリー倶楽部の中心をなしているのが銀行OBと慶応大学のOBが集う三田会と言われています。

 

経済界に隠然たる影響力を誇る三田会ですから当然、銀行OBも多く含まれます。

2018年にはTVのゴルフ有名解説をはじめ『慶応4人組』と言われる連中が、世間の顰蹙を買いましたね。

 

三田会の会報か何かで、「オリンピックをカスミに持ってきたのは自分たちの力だ」と自慢し合っていたのです。

 

世間から叩かれただけではなく、クラブの重鎮からも注意があったことは間違いないと思われます。

これで彼らもオリンピックと霞ヶ関カンツリー俱楽部につては一切語らなくなりました。

 

この4人組にバンカーはいませんが、全員慶応大出身でオリンピック招致に関わっています。

4人のうち3人は霞ヶ関カンツリー俱楽部のメンバーで、もう一人は東京ゴルフ倶楽部のメンバー。

 

はじめに述べたように経済界中心のメンバー構成ですから、ミーハーに騒がれるような有名人とは縁のないクラブです。

 

バーガー

【トランプさんが食べたと思われるバーガー】

 

霞ヶ関カンツリー俱楽部がゴルフ競技会場に決まってから、かなり紆余曲折だとか毀誉褒貶がありました。

 

『選手村から遠い』『若洲リンクスで十分だ』『若洲リンクに決定してたのを霞ヶ関が謀略で横取りした』『オリンピック後のレガシーにならない』等々実に姦しい。

 

中には『8月の埼玉県は暑すぎる』など、反対する人の頭の中身を疑いたくなる反対意見も出ました。

そりゃ、北方四島に比べると暑すぎるけれど、東京と比べて何を根拠に言っているのか。

 

これら反対意見を唱えたのは、オリンピック組織委員会会長、都知事、国会議員、オリンピックゴルフ委員など公的役職にある人ばかりだから、これはもう開いた口がふさがりません。

 

いざオリンピックゴルフ競技が始まるとテレビ桟敷のゴルフファンは、霞ヶ関カンツリー俱楽部の素晴らしさに目を見張ることでしょう。

 

女性問題で都知事や女性国会議員、IOC会長などからバッシングを受けたのも記憶に新しいところです。

 

霞ヶ関カンツリー俱楽部の女性問題への対処は迅速で素晴らしいものでした。

女性問題を振り返り、霞ヶ関カンツリー俱楽部の危機管理を見てみましょう。

 

霞ヶ関カンツリー俱楽部の女性問題と危機管理の見事さは見習うべき価値がある!

東京オリンピック ゴルフ会場に決定した霞ヶ関カンツリー俱楽部は、突如として女性問題が世間の注目を浴びることになりました。

 

目立ちがり屋のパフォーマー・カタカナ小池東京都知事も、ここぞとばかりに参戦し事態をより大きくさせたのでした。

 

バッハIOC会長も五輪憲章に謳われているすべての人種差別、男女差別の追放を持ち出し、コースの見直しにまで言及する至った。

東京オリンピック ゴルフ会場となった霞ヶ関カンツリー俱楽部の女性問題とは、正会員に女性が一人も存在しないことが女性差別に当たるとして問題視されたのです。

 

広くメデアに取り上げられ、霞ヶ関カンツリー俱楽部の出方が全国的、いや世界的に注視されることになったのでした。

 

しかし、この問題が長引き霞ヶ関カンツリー俱楽部が好奇の目に晒されること嫌った倶楽部の幹部が、実に速やかに行動したのです。

 

理事長の木村希一氏と今泉博総支配人を中心にアジェンダを取りまとめ、すぐさま臨時会員総会を開きその会議の場で理事会への一任を取り付けました。

 

・今後クラブの正会員に女性を認めるか否か

・もし認めない場合は東京オリンピック ゴルフ会場の返上もあり得る

 

この二つのアジェンダについて、理事会は会員からの一任を取り付けたのです。

理事会は全く紛糾することもなく、全員一致で【女性正会員を認め、五輪会場としての責務を全うする】と言う結論を出したのだった。

 

加えて、東京オリンピック ゴルフ会場となる霞ヶ関カンツリー俱楽部には、男性優位や性別による差別は存在しないことも再確認された。

 

この間の霞ヶ関カンツリー俱楽部の動きは実に見事なものと言える。

この決定により、霞ヶ関カンツリー倶楽部での五輪開催の最大の障害は、わずか半年足らずで取り除かれることになりました。

 

この議論が長引くことを期待していた、一部メデアや反霞ヶ関カンツリーのジャーナリストたちは、きっとガッカリしたことでしょう。

 

倶楽部側の速やかな対処によって世間の注目を浴びながらも、霞ヶ関カンツリー俱楽部にマイナスの要素は少なく、結果的にイメージの向上や大きな宣伝効果に貢献したと言えるのではないでしょうか。

 

この迅速な決断により、東京オリンピックのゴルフ会場が『若洲リンクス』から霞が関カンツリー俱楽部に変更されたとのデッチアゲ批判も、一挙に沈静化したのです。

 

名門ゴルフ場における女性問題は決して日本だけのことではありません。

ゴルフ大国アメリカや発祥の地・イギリスでも同様の問題が名門カントリークラブを悩ませている。

タイトルとURLをコピーしました