スポンサーリンク

おちょやんを見逃したら、U-NEXで見るのがお得!

おちょやん おすすめ!

『おちょやん』第7週目:1月18日(月)~23日(土)までのあらすじ

 

千代は(杉咲花)は鶴亀撮影所で映画女優の卵として再スタートした。
撮影所で居場所のない千代を親切に見守ってくれていたのが、助監督の小暮(若葉竜也)だった。

撮影所に入ってしばらくして、千代は撮影現場で偶然、高城百合子(井川遥)とすれ違う。

言葉はかけずに千代をチラッと見ただけで、百合子は通り過ぎて行った。

 

「私のこと覚えてへんの?」

そうつぶやく千代。

 

どうやら百合子は千代のことは忘れてしまったようだ。
そんな中、千代は女優としての役作りのため、小暮に仮の恋人役をしてもらえないかと頼む。

しかし、なぜかその場に天海一平(成田凌)が現れる。
そんなとき、百合子が相手役の俳優と一緒に失踪するという事件が起こる。

 

 

『おちょやん』第6週目:1月11日(月)~16日(土)までのあらすじはこんな感じです。

 

女優を目指す千代(杉咲花)は、山村千鳥(若村麻由美)の一座に入ったものの、お客の数は日に日に減っていた。

 

清子(映美くらら)は子どもに人気の芝居をやろうと提案するが猛反対され、千鳥抜きでその芝居を行うことになる。

 

しかし、公演直前に主役の清子が足を負傷。
千代が急きょ、代役で出演することになる。

 

千代はせりふを覚えていたものの、発声も芝居も全くだめだった。
公演前日、それを見かねた千鳥が千代に演技指導を始める。

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ

おちょやんを見たみんなの感想

 

おちょやんを見逃した時はU-NEXの見逃し配信で見よう!

NHKの朝ドラは見逃すと、とても気になります。

おちょやんの見逃し配信はUNEXT:ユーネクストがお得です。

 

NHKオンデマンド『まるごと見放題パック』を利用できるので、損はありません。

現在、U-NEXTでは初めての人向けに31日間無料トライアルキャンペーン中です。

 

無料トライアル申込には2つのページが用意されています。

そのうちのNHKオンデマンド専用申込ページから登録すると、1,000ポイントが即時にもらえる仕組み。

 

ちなみに通常のページからだと600ポイントどまりです。

この無料トライアルポイントを使ってNHKオンデマンド『まるごと見放題パック』を利用するのが最もお得なパターンです。

 

U-NEXTは業界ナンバーワンの動画数を誇っています。

ドラマ、アニメ、映画、ドキュメント、お笑いなど約22万本の動画を配信し、うち見放題作品も20万本以上ですからすごいですね。

 

無料トライアル期間も31日間と長く、動画配信サービスではトップクラスです。

他にも70誌以上の雑誌が読み放題など、書籍関係も充実しています。

 

U-NEXTトライアルへの無料登録方法は下記のように簡単です。

・①U-NEXT公式サイトから無料トライアルボタンをタップ

・②お客様情報を入力

・③決済情報を入力

・④登録結果画面を確認

 

U-NEXTはこちらからどうぞ!

 

U-NEXTは31日間無料の無料サービス期間内に解約すればお金は全くかかりません。

解約の時に戸惑わないよう、解約の仕方も説明しておきます。

 

U-NEXT解約の手順

・①U-NEXTにログイン
・②左上メニュー「設定・サポート」をタップ
・③ページ下部「契約内容の確認・変更」をタップ
・④「解約はこちら」をタップ
・⑤「次へ」をタップ
・⑥任意アンケート、同意チェックを入力し、「解約する」をタップ

 

⁂忘れずに解約手続き確認画面を確認してください。

なお、解約は必ずブラウザ上で手続きしてください。

 

ブラウザとは今あなたがこのブログを見ている、ソフトウェアのことです。

「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Safari」「Firefox」「Opera」などが有名です。

おちょやんのモデル浪花千栄子と高橋英樹

成長

NHKの朝ドラ『おちょやん』は松竹新喜劇や映画で人気を博した、浪花千栄子さんがモデルの物語です。

 

とにかく主人公・千代を演じる杉咲花の演技が、巧みで上手いと専門家からは大きな評価を得ているようです。

 

千代は⁂赤貧洗うが如しの家に生まれましたが、親がまたひどい。

父に捨てられ芝居小屋のお茶子奉公に出ることになったのです。

 

幼い頃から想像を絶する苦労を重ねていますが性格は底抜けに明るい千代。

座布団を何枚も重ねて持ちながら、小走りで仕事をこなす姿は実にパワフルな働きぶり。

 

赤貧洗うが如しの意味

赤貧洗うが如しとは、とても貧しく、洗い流したように持ち物が何もないさまを指指します。
清貧洗うが如しという人もいますが、それは間違いです。

千代を演じている杉咲花さんは東京出身。

この若さで毎朝、コテコテな大坂弁でのセリフはさぞや高いハードルかと思きや、かなりの評判をとっていす。

 

関西出身の知人に改めて確認しましたが、このような合格点をつけていました。

「違和感なく自然に聞いていられるレベルですよ」

 

ドラマのモデルとされる『大阪のお母さん』こと浪花千栄子。

この方の人生は凄まじい。

 

『上方のコメディエンヌの生涯を描く』という朝ドラ紹介文を見ましたが、とても『コメディエンヌ』の一言で表現できるような軽い存在とは思えません。

 

「私の半生は、人に、かえり見もされないどぶ川の泥水でございました」:自伝『水のよに』から。

浪花さんは人生を振り返って、そう言い切っています。

 

小学校にすら行けず奉公を経てカフェで働き、やっと女優となった。

しかし、彼女の半生は安泰とは縁遠いものだった。

 

結婚するが夫の裏切りにあって自殺未遂、離婚、失踪だからたまらない。

その生き様はまさに七転八倒、七転び八起き。

 

本当の奈落の底から這い上がって、やがて誰からも一目置かれる大阪のお母さんになっていったのです。

 

この、大阪のお母さん浪花千栄子と俳優高橋英樹には浅からぬ因縁がある。

高橋英樹さんがテレビ番組で言ったいたエピソードがとても印象深い。

 

「NHKの朝ドラのモデルになっている浪花千恵子さんにあることを言われて、仕事に対する考えがガラリと変わりました」

 

若かりし頃の高橋英樹さんはある日、ロケバスで仲間と大騒ぎしながら話していました。

他のみんながバスから降りて、高橋さんと浪花千栄子さんが二人っきりになった時でした。

 

「あんた変わったわね」

浪花さんのこの一言が高橋さんの胸に突き刺さったのです。

 

以前の高橋英樹ならロケの合間には、一人で本を読むことが多かった。

それに比べ、この時は俳優仲間と女の話や酒の話など、下世話な話題で大盛り上がりだった。

 

決して良い方に変わったと言っているのではない。

そう悟った高橋英樹さんには返す言葉がなかった。

 

この日を境に高橋英樹さんは、仕事に対する取り組みが全く変わったのだそうです。

演技の勉強にのめり込んだのだという。

 

浪花千栄子さんの人を観察する鋭い感性、一言で人の胸をえぐる言葉の重み。

そして、たった一言で気が付く高橋英樹さんもご立派ですね。

 

おそらく俳優高橋英樹にとって、浪花千栄子は恩人と言っても過言ではない存在だろう。

芸の世界もやはり、人間性抜きには成長は語れないと言うことか。

 

一流の人間と将来一流になる人間の、ちょっとした心のやり取り。

素晴らしいですね、参考にしたいものです。

 

タイトルとURLをコピーしました