新茶の時期はいつ?美味しいお茶の入れ方、保存方法と種類も解説

おすすめ!

『新茶』ってどんなお茶?

お茶にはどんな種類があるの?

 

上手な保存方法は?

お茶の歴史は?

 

日本では奈良時代から愛飲され、今ではとても身近な存在なのに、案外知られていないのがお茶にまつわる数々のこと。

 

一つ一つ、ゆっくり見ていきましょう。

これであなたは『お茶のミニ博士』。

『新茶』ってどんなお茶?日本茶と世界のお茶との違いは?

茶摘み

お茶は椿科の常緑樹で『チャノキ』の葉が原料となります。

その年に芽吹いて育ったばかりの新芽を摘み取ったものを新茶と呼びます。

 

『♪♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る(^^♪♪』

立春から数えて88日目の5月2日前後から摘むお茶が、新茶です。

 

お茶農家にとっては1年うちでも特別な季節とされていますが、八十八夜は種まきの目安にもなるとされ昔から全国の農家にとって節目の日なのです。

 

お茶が椿科とはやや意外な感じもしますが、葉っぱの色や形をじっくり観察すると、『なるほど』とうなずけます。

 

寒い冬に蓄えられた木の栄養素が新芽に集まり、新茶にはうま味甘味の成分であるアミノ酸とテアニンが豊富に含まれている

 

太陽光をあまり浴びていない新茶の葉はやわらかく、みずみずしい生命力に溢れているのです。

苦味、渋みが少なく、独特の味わいを楽しめるのはそれが理由だ。

 

新茶は別名を『一番茶』ともいう。

それ以降は『二番茶』『三番茶』『四番茶』『秋冬番茶』と呼び方が変わっていきます。

 

また、製法によって緑茶は『煎茶』『玉露』『抹茶』『番茶』『ほうじ茶』『玄米茶』などに分類されます。

種類別の製法については後ほど詳細します。

 

世界の様々なお茶と日本の緑茶はどう違う?

あなたは、きっとそんな疑問を持ったと思います。

 

結論から言えば、世界中のお茶は同じ茶葉から作られています。

違いは茶葉の発酵の仕方。

 

紅茶は完全に発酵させた『発行茶』で、ウーロン茶は途中まで発酵させた『半発酵茶』と言うことになります。

 

日本の緑茶は発酵しないように新鮮なうちに茶葉を加熱する『不発酵茶』です。

緑茶特有の香りや味わい、きれいなうぐいす色は、発酵させない茶葉のもつ自然な特徴から生まれるのです。

美味しいお茶の入れ方と上手な保存法とは?

お茶道具

今日からあなたも、お茶入れ上手になってください。

本当に美味しいお茶はこうして入れましょう。

 

1、人数分のお茶碗にお湯を8分目ほど入れておきます。
2、70℃~80℃になった適温のお湯を茶葉の入った急須に注ぎます。
3、お茶っ葉からお茶成分が浸出するのを約1分待ちます。
4、色が均等になるよう茶碗に回し注ぎをします。最後の一滴まで注いでください。
◎お茶一人分は、茶葉約7gで大匙一杯が目安です。

上手なお茶の保存方法も覚えておきましょう

いつでも美味しいお茶を飲むためには、しっかりと上手な保存方法を覚えましょう。

空気中の水分や酸素でに晒さないのが、お茶を美味しく保つ最大の方法です。

 

開封前のお茶は直射日光、高温多湿を避けて常温で保存してください。
開封後は袋の酸素を押し出して口を折り曲げ、テープでしっかり止めてください。
開封後に長期保存する場合は、ポリ袋かラップに包んで冷蔵庫に入れておきましょう。
◎冷蔵庫による長期保存は取り出した時、空気中の温度差で結露し水滴ができて味が落ちる場合があります。
開封後はできるだけ早く召し上がることをおすすめします。

作り方でこんなに変わるお茶の種類

煎茶

新茶を摘んですぐに蒸して作られるお茶です。

日本で生産される65%を占めます。

 

玉露

新芽が出た後、木に覆いをして20間ほど日光を遮って茶葉で作ります。

苦みを抑え、旨味が増した最高級のお茶です。

 

番茶

夏・秋摘みの比較的大きく硬めの葉や茎などを原料にして、煎茶と同じ製法で仕上げられたお茶です。

 

ほうじ茶

番茶や煎茶を強火で煎り、芳ばしい香りを出します。

焙煎しているので、さっぱりとした特徴ある仕上がりになります。

 

玄米茶

番茶や煎茶に炒った米を混ぜたお茶。

炒った米の香ばしい風味が特徴のお茶に仕上がります。

 

タイトルとURLをコピーしました