井上尚弥こそ史上最強・チャンピオンの中のチャンピオンだ!

チャンピオンベルト 出来事

ボクシングの聖地ともいうべき、アメリカ・ラスベガスにデビュー。

そして、見事なKO勝利を飾った井上尚弥は、ほんとうに強い。

 

日本最強のボクサーであることは間違いありません。

1年のブランクを全く感じさせないボクシングには、ただただ感嘆し、敬服するばかりだ。

 

それでは、井上尚弥対ジェーソン・モロニー(オーストラリア)の試合を振り返ってみましょう。

尚弥のカウンターパンチは見えないから恐ろしい。

米・ラスベガスで圧勝の井上尚弥はさらに進化した!

グローブ

7回2分59秒、相手をKOで仕留めた強烈なパンチ。

井上尚弥はインタビューで振り返った。

 

言葉の端々から進化するための努力が伝わって来た。

進化した結果を試合で証明して見せるところが、実に井上尚弥らしい。

 

「フィニッシュのパンチは自分でも納得できるかたちで終わりました。

ダウンを奪った2つのパンチは日本で何度も何度も、すごく練習しました。

試合に出せてとてもホッとしてます」

第1ラウンド

自信満々で積極的に出ていき、井上が左フックで先制する。

マロニーも右を伸ばして対抗。

 

マロニーは軽快なステップで詰めていくが、井上はアッパーを繰り出して中には入れない。

それでも前評判通りの足を使い、マロニーは距離を詰めてプレッシャーをかけようとする。

 

だが、井上には相手のパンチがよく見えているようだ。

マロニーのパンチは当たらない。

 

パンチはことごとく空を斬るのだが、これはとてもスタミナを消耗する。

これを繰り返すとマロニーは焦るだろう。

 

その後、井上は左のジャブを繰り出しながら攻め立てる。

これぞボクシングの基本中の基本だ。

 

そしてボディー、右とコンビネーション良く相手を攻め立てる。

当たっているように見えるが、相手のパンチは紙一重でかわす。

 

依然、距離を詰めていくのはマロニーだが、井上は左ジャブを合わせてマロニーにペースをつかませない。

そのまま、第1ラウンド終了のゴングが鳴る。

第2ラウンド

このラウンドもまず左フックで井上が先制攻撃を仕掛ける。

早い左フックは相手にプレッシャーをかけるのに有効だ。

 

左、そして右のワンツー。

井上はジリッ、ジリッと相手を威圧するように前に出る。

 

マロニーもパンチを繰り出して、左ジャブが相打ちになった。

井上は左ジャブ、左ボディへのストレートと次々パンチを繰り出す。

 

そして右の強打がマロニーの顔面に炸裂。

だが、まだ2ラウンド、マロニーも闘志満々だ。

 

プレッシャーに負けじとマロ二―は右の強打を返していくが、井上は巧みに体をよじりながらかわしヒットさせない。

 

井上のプレッシャーはテレ画面で見るより、はるかに強いようだ。

マロニーはロープに追い詰められて苦しい展開。

 

井上は冷静に左、右をマロニーの顔面にヒットさせる。

このラウンドでペースを握ったか、井上が優位だ。

第3ラウンド

ラウンド開始早々から、ジリジリと相手を追い込む井上尚弥。

左から右ストレートを伸ばし、懐に入ってきたマロニーに対し右のアッパーをヒットさせる。

 

井上のガードと強力なジャブが明らかにマロニーを追い詰めているのが分かる。

マロニーは何としても、得意の接近戦に持ち込みたいところだ。

 

距離を詰めての右フック、ボディーもあまり効果がなように見える。

井上のガードは固い。

 

尚弥のガードの強固さも強さの大きな要素だ。

ボクシングはパンチが強くても、ガードの甘い選手は大成しない。

 

井上はその点、ボクサーの鏡と言える。

さて、井上は左のフック、アッパーで反撃する。

 

さらに距離を詰めて右からの強烈なフックを浴びせる。

マロニーは下がりながら逃げるが井上はジリジリと追いかける。

 

ボディーにも的確にパンチがヒットする。

これは次第に足にくる。

 

後からじわじわ効いて来るのが、ボディに打ち込まれるパンチだ。

ボディに強烈なパンチを打ち込まれると生唾が口の中に湧き出る。

 

それほどボディを打たれるとダメージは大きい。

特に井上のパンチは重く破壊力が並みじゃない。

 

マロ二ーの動きは次第に鈍ってくるかも知れない。

このラウンドも井上が優勢。

第4ラウンド

前へ出て相手にプレッシャーをかける井上尚弥。

ゴング早々、マロニーは追い詰められるように下がる展開。

 

井上は右から左とアッパーを繰り出す。

そして、ガードの間を突き刺すような独特のジャブを繰り出す。

 

このジャブは相手にとって脅威以外の何ものでもない。

井上尚弥は攻撃の手を緩めず攻め続ける。

 

左のボディーが効いたか、マロニーの動きが鈍った。

やはり、ボディへのパンチは怖い。

マロニーは距離を詰めて左フックを繰り出す。

 

井上はすぐさまフックで反撃。

マロニーは巻き返したいが思い通りの展開に持ち込めない。

 

もどかしさが見て取れる。

フック、ボディーを繰り出すが効果は薄く、井上の反撃は素早い。

 

このラウンド、表面的に見ればマロニーが攻めているようにも見えなくはないが、井上は上手く相手のパンチを殺している。

 

相手に攻勢の場面を作らせないのだ。

井上有利の状況が次第に色濃くなっていく。

 

残り10秒から井上は左、右のコンビネーションで畳みかける。

ここでゴング。

第5ラウンド

形勢逆転を狙い、このラウンドはマロニーが積極的に前に出て距離を詰める。

井上に勝つには何としても中に入り、接近戦に持ち込むしかない。

 

必死でパンチを繰り出すマロニー。

右フックが井上の顔面にクリーンヒット。

 

井上はやや後退するが、左、右のワンツーを返しながら、前へ出る。

マロニーは自分のペースに持ち込みたくて押し返すように前へ。

 

その時、井上の重いパンチがさく裂した。

右の強打がマロ―二の顔面を思いっ切りとらえた。

 

クリンチで絡み、マロニーは決定的な場面を何とか逃れる。

マロニーは左肘打ちを絡めて逃げるのに必死だ。

 

井上尚弥の凄さがのぞいたラウンドだった。

左ジャブ、右ストレートは他の選手と比較できない速さだ。

 

井上が圧倒的に有利となった。

ここで、ゴング。

第6ラウンド

5ラウンド終盤の勢いそのままに、井上の攻勢が続く。

プレッシャーをかけながら前に出る井上。

 

マロニーのジャブに合わせ、井上がカウンターパンチ。

左フックが顔面にクリーンヒットする。

 

ストン!マロニーは尻もちをつく。

あっけないようなダウンだ。

 

相打ちのような状況だが、マロニーのパンチは見えても井上のパンチは見えなかった。

これぞ、まさしく電光石火。

 

これが効くのだ。

きっと、マロニーの顔面の神経がどこか切れたかも知れない。

 

パンチの速さもすごいが、ガードのうまさ、カンターの出し方が普通じゃない。

恐らく、カンターを顔面に食らったマロニーは、何があったのか半信半疑の心境だろう。

 

立ち上がったマロニーに対してラッシュの井上。

マロニーはクリンチで逃れようと必死。

 

井上はこれを振りほどき、ロープに追い詰めてフック、アッパーの連打。

足を使って左右に逃げ動くマロニー。

 

井上尚弥はガードを下げて冷静に相手を見極め、左ジャブ、ボディーを的確に打ち込む。

KO間近を思わせたが、ここでゴング。

第7ラウンド

井上は序盤から左ジャブを相手の顔面に命中させる。

ここが勝負と読んだか井上尚弥の表情が一変する。

 

マロニーも必死で懐に入ろうとするが、ここでアッパーカットがヒット。

井上は猛烈にラッシュをかける。

 

きっとセコンドからの指示もあったのだろう。

尚弥は完全に倒しに出た。

 

左ジャブの連打がマロニーを追い詰める。

ガードを固めてマロニーも、一発、二発と反撃に出る。

 

だが、これまで浴びてきた井上のパンチが効いていた。

反撃を待っていたかのように井上は、マロニーが前に出たところを狙う。

 

右ストレートの重い一発が命中。

右足がどうにかなってしまわないかと思うような、マロニーの倒れ方だった。

 

マロニーが喰らった一撃はあまりにも強烈だった。

大きく崩れ落ちてダウン。

 

もう立ち上がる気力も体力もなかったのだろう。

マロニーはマットに沈んだ。

 

井上の強さはパンチの速さ重さもさることながら、相手のパンチを紙一重でかわす技術も見逃してはならない。

 

今日の相手マロニーも防御が堅い選手だ。

だが、ボクシングは防御だけでは勝てない。

 

相手を倒すためにパンチを繰り出さなければならないのがボクシングだ。

しかし、攻勢に出たところに目に見えない井上のパンチが飛んで来たら、これはもう防ぎようがない。

 

井上はボクシングの聖地ラスベガス・デビュー戦で鮮烈なKO勝ち。

軽量級の素晴らしさを、存分にアメリカのボクシングファンに見せつけた。

 

見事な勝利だった。

最強のボクサー、井上尚弥はさらに進化した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました