スポンサーリンク

名古屋ゴルフクラブ和合コースの名物支配人と交わした密談とは?

名古屋ゴルフクラブ和合コース 出来事

日本を代表する男子ゴルフトーナメント『中日クラウンズ』の開催コース、名古屋ゴルフクラブ和合コースにあれほど通い、小林支配人と密談まで交わしたのについにコースでプレーすることはなかった。

 

それにしても故・小林支配人は豪快で優しく、かつ厳しい人だった。

小林さんをしのびながら、在りし日の和合コースを懐かしむ。

 

この記事は執筆者ご本人の許可を得てhttps://c-golf.net/より転載しました。

なお、写真の差し替えや一部記事の加筆許可も得ています。

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ

名古屋ゴルフクラブ和合コースと小林支配人の強烈な思い出!

和合コース

一度は行ってみたいゴルフ場はたくさんあり過ぎるのですが、やはり軽井沢の『旧軽』と『新軽』への憧れは強いですね、筆者の場合。

 

どちらか一つでプレーさせてやる、と言われたら18ホールある『新軽』を選びます。

12ホールより18ホールの方が名門コースで長くプレーを楽しめるから。(笑)

 

東京G倶楽部も行ってみたいし、関東では他に大洗GC、那須GC、静岡ではやはり川奈GCでプレーしたいなあ。

 

関西では廣野G倶楽部と茨木カンツリー倶楽部、どちらも関西を代表するゴルフの名門コースですね。

 

行ったことのないクラブは、他人の評価やうわさ話、書物に載っていた書評などで判断せざるを得ません。

 

そんな外部からの情報を基にあれこれ考えると、どうしても伝統あるゴルフ場の名門へ行ってみたくなるのです。

 

伝統と格式ある名門コースは、雰囲気が良い。

クラブハウスに一歩踏み入ると落ち着きの中に漂う、静かなる緊張感が何とも言えないのです。

 

新築される前の小金井CCや現在の名古屋G倶楽部のクラブハウスは趣があって、とても好きでしたね。

 

玄関、壁、食堂、ラウンジ、廊下などいたるところから、カントリー倶楽部を愛した先人たちの声が聞こえてきそうな雰囲気に満ちている。

 

名古屋GCのクラブハウスには屋根裏部屋のような応接室があって、当時の小林支配人とよくその部屋で話をしたものです。

そうですね、あの名門コースで密談もしましたよ。(笑)

 

実は筆者が最もプレーしてみたいのは、この名古屋ゴルフ倶楽部和合コースなのです。

故小林支配人とは屋根裏部屋で懇談し、ある時は支配人じきじきで車を運転し、名古屋駅まで送り迎えしていただくほど親しかったのに、あの名門コースでは一度もプレーしたことがないのです。

 

支配人の案内でコース内は何度も歩きましたので、名門コースの18ホールほぼすべてをこの目で見ていますが、プレーには縁がなかったのです。

 

支配人と知り合うきっかけを作ってくださった方と一緒に回るべく計画したのですが、なぜかあの名門コースでは何度もプレーの話が壊れてしまったのです。

 

向こうは名古屋、私は当時東京に住んでいましたが、関東ではその方と3度もゴルフをしたのになぜ名古屋ではできなかったのでしょうか?

 

今後二人で小林さんを偲びながらラウンド出来たら、どんなにうれしいことか。

あの働き者の支配人がこよなく愛した池越えのパー3でワンオンできたら、思わず涙がこぼれるかも知れない。

 

土曜日の早い新幹線で名古屋入りし、午前9時ころ倶楽部に到着するとクラブハウス玄関前の左側に黒塗りの高級車がずらりと並んでいた。

 

名門コースは駐車場ではなくこんな場所で、プレー中の社長を待っているのかと思ったら、さにあらず。

翌月の土曜日にゲスト同伴でプレーする人が、スタート予約のために待っているのだった。

 

メンバー本人もいるが多くは代理人のようで、受付開始の10時になったらフロントでスタート時間が記入された、ビジター用のカードを受け取るのです。

 

「東京じゃ、コースまで来て並ばせる倶楽部はもう、ないだろ」

「まだ、いくつか残っているようですが、珍しいでしょうね」

 

「うちは18ホールしかなくて、土、日はメンバータイムがあるから、ビジターの枠は少ないんだよ。

何たって、和合は人気あるからね」

 

現在はどうなっているのでしょうか、もうさすがに廃止されているでしょう、名門コースこだわりのアナログ習慣は。

 

そんな話をしていたら、名古屋に本社がある企業の社長室長とおっしゃる方がお見えになりました。

 

その会社の役員の方が和合Cに新規入会の申請をしたいので、その打ち合わせと言うことのようです。

席を代わって、私は少し離れたところで待機しました。

 

しかし、支配人の声は元気で大きい。

「あんたの所は、他にもメンバーがいるのにこんな事も分からんの?

これだけはダメだよ、特例は認められないんだよ。

決まり通りやってくれよ」

 

ちょっと、べらんめえ調がかっていて、ハッキリもの申すタイプであった。

苦労人で人情味あふれる人柄であったが、ダメなものはダメの厳しい人でもありました。

 

それにしても、超名門コースと言われる伝統あるゴルフ場の支配人で、あんな口調の方は他にいません。

 

しかし、日本を代表するトーナメント中日クラウンズの事務局長も兼ねていて、トーナメント関係者やコースのメンバーからの信頼は絶大なものがあったのです。

あの小林さんとラウンドをするチャンスが、永遠に訪れないなんて。

タイトルとURLをコピーしました