女性にモテたい・ビジネスに成功したい・だったら目力を鍛えよう

ビジネス

ビジネスで成功している人には、共通したある『特徴』があります。

それは、見た目です。

 

このように言うと、

「イケメンや綺麗がビジネスに影響するんですか?」

と思う人も多い事でしょう。

 

ハッキリいいましょう、大きく影響します。

というもの『人は見た目が9割』と言われるほど、見た目で判断します。

 

・ブスが提供する商品は、紛い物に見え

・美人が提供する商品は、信頼を得る

 

そのような調査結果があるからです。

だが、心配はいりません、見た目は変えられます。

目には訴える力がある

見た目

見た目を意識することはビジネス上とても大切です。

ご安心ください。

 

「美人じゃないからダメ」

「イケメンじゃないから、無理」

 

ということでは決してありません。

なぜなら、見た目は意識さえすればいつでも、誰でも変えることができます。

 

そして、女に持てる男は目力が強いことをご存知でしたか?

阿部寛と小泉孝太郎の違い、あなたは分かりますか?

これについては後ほど説明します。

 

さて、人への印象を決定づけるものとして、メラビアンの法則が有名です。

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンの学説に依ります。

 

彼の研究によると話をする際、相手に伝わる情報として、話の内容そのものが7%、

声の大きさやトーンに関係するものが38%、そして見た目が55%を占めるのだという。

 

重要な営業の話をしていても、相手にはその内容よりも見た目がはるかに大きな割合で影響を与えていることが分かります。

 

そして、ある効果によって、この見た目55%を有利に活用することができます。

 

あなたの特徴が何か一つ突出していることで、その強い印象に引きずられて他の別な部分の印象も、変化してしまうという心理効果を利用するのです。

それをハロー効果といいます。

 

良い部分が目立つ人はその他の部分も好印象を与え、逆に悪い部分が目立つ人は、その他の部分の印象も知らず知らずのうちに悪い印象を与えているのです。

 

このハロー効果をうまく利用しない手はありません。

見た目の一部分を強調することであなたの印象をさらに良く見せることが可能なのですから。

 

しっかり覚えてください。

とても大切なことです。

男女ともに同じです。

 

たとえイケメンじゃなくとも、美人じゃなくともつねに笑みを絶やさない。

いつも清潔感あふれる服装をしている。

 

女性であれば、胸元にキラリとダイヤの輝きがある。

男ならば足元にまで気を配る、手入れの行き届いた靴を履いている。

爪はきれいに切っている。

 

相手の話を真剣に聞こうとする態度も、好印象を与える重要な要素になります。

好印象を与える方法はいくらでもあります。

 

大事なことは毎日、朝、晩鏡に向かうことです。

変なところに長い毛が1本生え出ていないか?

 

眉毛は切りそろっているか?

唇が荒れてガサガサになっていませんか?

 

鼻毛がのびていませんか?

チェックを怠らないでください。

 

鏡を毎日覗くことは、見られている意識にもつながります。

人は見た目を少しずつ意識することによって、変わることができます。

 

そして、内側から変えることも大事です。

できる限り、他人の長所を見つけましょう。

 

人に好意を持って接しましょう。

「ありがとうございます」

「お世話になっています」

この言葉を心がけてください。

 

いつでもどこでも、言えるようになってください。

人の内面の変化は、必ず外見を変えます。

 

内面が穏やかで、優しい人は必ず好印象を相手に与えます。

信用もされるようにもなります。

 

信頼を勝ち取ることができます。

自分は年だからダメだ。

 

不細工だから諦める。

そんな考えは100%必要ありません。

 

見た目をよくするだけでチャンスの回数は増え、売り上げは桁を変えます。

ビジネスで成功したいのならば、見た目はとても大事です。

 

「自分はオンラインだけで人に会わないから関係ない」

いえ、いえ、決してそんなことはありません。

 

自分の内面や外見を全く気にしないはイコール人のことも気にしない、気にならないです。

そんな人間が人の心を打つ文章が書けますか?

 

人の心理を巧みに突いた商品紹介ができますか?

誰が考えたって、NO!

今が、たまたま上手く行っているだけですよ。

 

さて、話はちょっと変わりますが、女性にモテたいと思っている男は多いと思います。

 

モテたかったら、あなたは目の力を鍛えるべきです。

目の強い男は絶対、女にモテます。

 

鋭い目ではなく、強い目です。

映画ダイハードのブルース・ウィリスは決してイケメンじゃありません。

 

ビバリーヒルズ・コップの黒人俳優、エディ・マーフィ然りですね。

しかし、二人とも目力が強い。

 

あの目の強さが、女性のハートにぐっと突き刺さるのです。

あなたは三船敏郎を知っていますか。

 

1951年、ヴェネチア映画祭で金獅子賞を取った黒沢明監督の『羅生門』で主役を務め、その後「世界のミフネ」と称賛された俳優です。

 

タレント、三船美佳の父でもあります。

三船が映画界に入った当時は甘い顔立ちの二枚目俳優が銀幕の主流を占める時代だった。

 

対して三船敏郎の顔は甘さには程遠いものでした。

東宝ニューフェースの面接では、不合格が告げられます。

 

だが、その場に居合わせた女優の高峰秀子が三船に強い衝撃を受け、黒澤明監督と山本嘉次郎監督を呼びに走ったのです。

 

面接現場に駆け付け、三船と対面した二人はすぐに採用すべきと会社に進言する。

160cmそこそこの身長で、背の高い俳優や女優と絡むときはミカン箱に乗って演技した。

 

そんなエピ―ソードが残る男のどこに一流映画人たちは惹かれたのだろうか?

その後、多くの作品でコンビを組んだ黒沢監監督は三船の採用をこう述懐している。

 

「何と言っても野性味だよ。

戦後の焼け野原から復興していくこれからの時代は、

あの野性的な顔が求められると直感したね」

 

あなたは野性的な顔とは何だと思いますか?

やはり目です。

 

「野性的な目」とはよく聞きますが、「野性的な鼻」

「野性的な口」「野性的な耳」はあまり聞きません。

それほど目の印象は強いのです。

 

ただし、目つきが鋭いだけ、とはちょっと違います。

暴力団などの悪党どもは目つきは鋭いが、どよ~んと曇っていて、輝きが全くない。

 

希望も温かみもまるでないのが、不良の目。

女性が強く惹かれる目は、目力があって輝いている瞳です。

 

さて、先ほどの阿部寛と小泉孝太郎の違いですが、ここまで読んであなたは、もうお気づきだと思います。

 

そうですね、目の強さが違うのです。

イケメンと言う点では甲乙つけがたく、どちらが好きかは、まさに好みだけの問題でしょう。

 

しかし、目の力の強さが主役を張れるか、脇役で役で終わるかの決定的な差になるのです。

デビュー当時は、爽やかさ、育ちの良さ、親の七光りでかなり注目された孝太郎君。

 

辛口でなる和田アキ子も絶賛していました。

小泉孝太郎も決して目力が弱い訳ではありませんが、阿部寛の目が与える印象には劣ります。

 

良く考えて下さい。

ビジネスも一緒ですよね。

 

営業先でお客さんと対面するとすぐに視線を落とす人。

こんな営業マンは頼りなさげ見えて、お客さんから信頼を勝ち取ることができません。

 

真正面から相手を見据えて話ができる。

誰だってそんな営業マンの方に信頼を置くでしょう。

 

もう一度言いますが、相手を睨みつけるのと目力の強さは全く意味が違います。

目力とは、活き活きと輝きがあり、相手に訴えかける力です。

それが女性にモテる目、ビジネスに成功する目です。

 

ではどうやって目力を鍛えるのか?

これも鏡を見るとよいでしょう。

鏡を見ながら自分と優しくにらめっこする。

 

決して斜めからにらみつけてはいけません。

正面からじーっと見つめる。

 

人間の目の光は動物の中で最も強いと言われています。

つまり、にらみ合いになると野生動物でさえ先に、人から目をそらすのです。

 

中学生の時に体験したことがあります。

相手は狸、北海道ではムジナと言います。

 

古ダヌキではありません、野生です。

祖父が捕まえてきて檻に入れられていました。

 

じっと見ているとにらみ返してきました。

「人間の目は動物よりも光が強い」

 

これを思い出して、こちらも睨め返しました。

しばらくすると茶色い目が次第に薄緑色の光り変わっていきます。

 

夕暮れ時でもあり、狸の身体はぼんやりとして、二つの眼だけが檻の中で異様に浮かび上がるのだった。

 

飛びかかれないのが分かっているので、懸命に睨みつけているとやがて、敵は目をそらしたのです。

 

ほどなく、身体を丸め完全に後ろを見せたのでした。

完ぺきな勝利の瞬間でした。笑

 

ライオンやヒグマ相手にこのようにいくかどうか、全く保証はありません。

しかし、目は口ほどにものを云う。

まさしく、その通りだと思います。

只今、WordPress・ワードプレス導入まで

マニュアルを無料で配布中です。


レンタルサーバーとの契約手順から、独自ドメインの取得方法、

ワードプレスの導入・設置までを詳しくわかりやすく解説しています。

興味ある方は下記からどうぞ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました