スポンサーリンク

小林麻耶の夫はヨガの意味を知らないニセモノで二人はヒモで結ばれている?

波乱の人生

小林麻耶は朝から晩まで怒りまくっています。

彼女を見ていると、人に対して抱くイメージとはいったい何だろう?

 

人の性格とは何だろう?

人生の幸せって、いったい何?

 

などなど、いろんなことを考えさせてくれます。

この人は元々TBSのアナウンサーだった方です。

 

通常バナー

 

市川海老蔵に嫁ぎ、二人のお子さんを授かりながら乳がんで若くして逝った麻央さんとは実の姉妹で、二人そろってTBSの看板女子アナでした。

 

「日本一の姉妹」とか「才色兼備の稀なる姉妹」「両親が羨ましい」などと世間から称賛され、羨望の眼差しを一身に受けたものです。

 

しかし、妹の真央さんが亡くなると彼女は徐々に変わっていきます。

それでも当初は、真央さんの忘れ形見である甥っ子と姪っ子を甲斐甲斐しく世話する姿が時折報道されたものです。

 

世間の誰もが彼女の豹変に驚いたのは、國光吟という得体のしれない男と出会ってからです。

ここで簡単に小林麻耶のプロフィールを紹介します。

 

1979年7月12日生まれの43歳です。

新潟県小千谷市の出身です。

血液型 はA型。

 

青山学院大学文学部英米文学科を卒業。

3003年4月TBSにアナウンサーとして入社。

2009年3月にTBSを退社してフリーとなりました。

 

 

2018年7月24日に整体師で宇宙ヨガインストラクターを名乗る国光吟と、交際ゼロ日で結婚しました。

この辺りから、小林麻耶は周囲が理解できないほどのスピードで変わっていきます。

 

結婚した相手の國光吟が、宇宙ヨガインストラクターだからなのかどうか知りませんが、宇宙を駆け巡る光のような速さで彼女は豹変するのです。

 

それにしても『宇宙ヨガインストラクター』とは、インターナショナルを超えて、小林麻耶の結婚相手は宇宙的な人物ということでしょうか。

 

ヨガはもともと古代インドを起源とする宗教的な瞑想法です。

心身の感覚器官を鍛錬によって自由自在に制御し精神を統一して、心の働きを滅する。

それによって輪廻からの『解脱』に至るのがヨガの最終目的です。

 

『解脱』とは簡単に言えば、宇宙を超えるとかあらゆる現象から自由自在になることを指す言葉です。

宇宙ヨガインストラクターとは、一見、大きなスケールのように思われますがインドで説かれた仏教やヒンズー教のヨガに比べるとまあ、とても中途半端な代物です。

 

ヨガの神髄は宇宙空間など一切の現象世界から自由になることを目的とするのです。

だから『解脱』と表現します。

これにわざわざ『宇宙』なる冠をつけることはヨガを全く理解していないと思わざるを得ません。

 

U-NEXT

 

さて、このお二人は2018年7月、交際日ゼロで電撃結婚するのですが、2020年3月10日にはすでに離婚していたことを発表しました。

 

この時、國光吟は離婚に関して次のような文章を自分のブログに掲載しています。

「離婚はしましたが紙切れ上の話ですご存じのように僕と麻耶ちゃんは今でも仲良しです・・・・・」

 

4400文字の長文でありながら、一切句読点のない文章にして、わざわざ読みにくくする。

一体何を考えているのでしょう、この方は。

 

では、この二人はなぜ離婚したのでしょうか?

その真相に迫りました。

 

この離婚は偽装の臭いが当初からプンプンでした。

というのも、国光吟が二人の離婚に関して次のように発言しています。

 

・離婚はしましたが紙切れ上の話です

・戸籍上は夫婦ではないかもしれませんですが魂では夫婦です

・宇宙で一番妻を愛している夫だと思っています

 

さらにはこのようにも言っています。

「僕と一緒にいると誹謗中傷がさらにひどくなるにも関わらず一緒に居続けてくれ離婚しようと言ってもしないといわれそれでも押し切って離婚をしました」

 

このように言いながら、離婚後も二人は同居を続けました。

「僕と一緒にいると誹謗中傷にさらされる」といいながら、一緒に暮らし続けるなんて、こんな矛盾はありませんよね。

 

 

宇宙的スケールの方ですから、自分では気づかないのかもしれませんが世間はすべてお見通しです。

では、なぜこんな矛盾を垂れ流しながらも偽装離婚したのでしょうか?

 

それは小林麻耶が妹真央さんの忘れ形見である甥っ子と姪っ子に会うための、拙い策略だった可能性があります。

 

海老蔵が、怪しげな宇宙ヨガインストラクターに洗脳された小林麻耶に大事な子どもを会わせることはできない。

 

そう思っているに違いない。

二人はそのように考えて偽装離婚したと考えられるのです。

 

だが、いろんな事情が重なり、小林麻耶は甥っ子や姪っ子に会うことはかないません。

そして、小林麻耶と海老蔵の関係はどんどんこじれていきます。

 

ついにはYouTubeやブログで海老蔵の理不尽な行為について次々に暴露したのです。

 

その主な内容を列挙すると次のようになります。

「麻央さんが入院する病室で、海老蔵が競馬新聞を読み漁っていた」

 

「妹の麻央さんから結婚生活がつらいから離婚したいと相談を受けていた」

「海老蔵が麻央さんにガンの標準治療を受けさせなかった」と衝撃的な告発もしています。

 

さらには

「海老蔵の中東公演で私は9000万円、妹の真央さんは2億3000万円で、実母が4000万円出したが返済されていない」

 

「海老蔵が信頼する詐欺師の気功師にお金を渡しています」と主張しています。

 

トータル3億6000万円が未だに返却されていないため、その気功師に対して訴訟の準備をしていると言っていました。

 

すべてが事実かどうかわかりませんが、この暴露によって、海老蔵は小林麻耶に直接会って謝罪することを決断しました。

 

海老蔵は今年の3月29日の深夜から30日未明にかけて、約4時間にわたり謝罪しています。

小林麻耶はブログで海老蔵から謝罪があったことを報告しました。

 

だが、これは昨年10月に海老蔵が自身のブログで、小林夫婦の離婚を示唆したことに対するものであり金銭トラブルに関してではない、と書いています。

 

昨年9月のブログとは例の「麻耶ちゃんお帰り」というやつですね。

小林麻耶の話が本当だとすれば、海老蔵の人間性が疑われてもおかしくない事態ですね。

普通のタレントだったら干されてしまうレベルです。

 

しかし、小林麻耶のブログは、伝え方が余りにも強烈で下品なところもあります。

たとえ内容が本当だったとしても、地上波のワイドショーなどは扱いに困ってしまうレベルです。

 

そして、海老蔵はなんといっても歌舞伎界を背負う存在であることは間違いありません。

確かに海老蔵も傷を負いました。

しかし、団十郎襲名の大興行を控え、コロナに苦しむ歌舞伎界にとって救世主になれる存在です。

 

松竹も全力でサポートすることでしょう。

このような状況から、もう、小林麻耶と海老蔵さが和解することは不可能に近いと思われます。

 

さて、2022年6月24日に小林麻耶は元夫の國光吟と電撃再婚をしました。

今回の電撃再婚は小林麻耶がブログで「駆け落ち婚」と言っています。

 

世間では小林麻耶が妊娠したから慌てて再婚したのでは?

と噂されました。だが、この噂は当たっていなかったようですね。

 

そして、この再婚を機に小林麻耶改め國光真耶と芸名も変えました。

それにしても、この二人の結婚、離婚そして再婚に関するエピソードを時系列的に追いかけていると頭がこんがらかって仕方ありません。

 

もう、宇宙の謎を解くように複雑ですから本当にたまりません。

さて、小林麻耶改め國光真耶の夫である国光吟は、最初の結婚当時から一部ではヒモ呼ばわりされていました。

 

その、國光吟が8月24日に行った自身のYouTubeチャンネルで突然視聴者に向かって「ヒモ男扱いしないでください」と叫ぶ場面があり、またもやネットで冷笑されています。

約9分間の生配信中に「あまり調子に乗らないように」などと怒りをあらわにしていました。

 

6月に再婚した二人は、1回目の結婚記念日である7月24日のために、オリジナルグッズ「愛のプロジェクトTシャツ」の販売を開始したのだそうです。

 

料金を先払いして8月上旬にはファンに届けられる予定だったのですが業者との間でトラブルが発生してしまいました。

 

二人のの説明によれば、納品されたTシャツの色合いや生地の肌感覚が、事前に作成したサンプルとは少し異なっていたらしいのです。

 

ちなみに、Tシャツは税込み5500円だそうです。ユニクロの税込み1650円のTシャツなら楽々3枚買えてしまいます。決して安くはありません。

 

業者の手違いにより、販売日に間に合わなかったことに対して小林麻耶は「本当に悔しいと」と涙ぐんでいました。

 

そして、夫の国光吟は相手業者の対応に不満を述べていた途中で、突然、視聴者に向かって「ヒモ扱いするな」と怒鳴り出したのです。

 

ますます、よくわからないご夫婦です。

凡人には宇宙空間のように理解しがたいこのご夫婦。

まだまだ、いろんな話題を提供してくれそうです。

 

小林麻耶は何に怒っているのか知りませんが、彼女は男に振り回され『女は男次第』を実践する悲しい人なのかも知れません。

 

それでも、古き良き昭和の女とは誰も言いませんね。

ちょっとお気の毒です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました