竈門炭治郎・人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!

鬼滅の刃

『鬼滅の刃』の勢いがまったく衰えない。

この映画の大ヒットを支えるのが家族愛、仲間同士の絆、人としてのやさしさでしょう。

 

「神様どうか、この人が今度生まれてくる時は鬼になんてなりませんように」

主人公、竈門炭治郎のこの言葉に人間愛が集約されています。

 

映画は2020年10月16日(金)に公開されたが、叩きだした数字がものスゴイ。

公開3日間で動員342万493人、興行収入は46億2311万7450円を記録。

 

ハリウッド関係者もびっくりの、日本映画史を塗り替える驚異的な数字だ。

中国資本に買収され魅力半減のハリウッドを尻目に、この快進撃はどこまで続くのか。

 

大ヒットの理由は何なのか?

それを探っていくと案外、あなたが人生でブレークするヒントも見えてくるかも知れませんよ。

鬼滅の刃がハズった理由とビジネスのヒント

世間は『鬼滅の刃』で話題沸騰です。

登場人物の名セリフがまた素晴らしい!

 

「幸せが壊れるときはいつも、血の匂いがする」

「俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!」

 

上記はともに主人公・竈門炭治郎の言葉なのですが、鬼によって家族を失った深い悲しみと、たった一人生き残った妹への家族愛にあふれています。

 

炭治郎のセリフではこの言葉が凄いパワーを感じさせます。

「頑張れ!! 人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!!」

 

『鬼滅の刃』で私が最も好きな言葉がこれです。

「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」

 

煉獄杏寿郎の母が亡くなる直前、幼い息子に言い聞かせた言葉です。

成長した杏寿郎は鬼殺隊の炎柱となり、その責務を見事に実践して果てるのです。

 

母の教え通り必死に生き、そして鬼と戦った杏寿郎のセリフが、また泣かせるではありませんか。

『俺は俺の責務を全うする!!ここにいる者は誰も死なせない!!』

 

このような言葉が随所にちりばめられていて、観る人の心を突き刺し感動させたのでしょう。

映画館に足を運んだ人の満足感は相当に高かったようです。

 

上映初日、パソコンと携帯電話を使ったWEBアンケートでは次のような結果が出ている。

・非常に良かった:84.6%、

・良かった:13.8%

両方合わせると98.4%であるから、上記の声と一致しているのです。

 

あなたはこの映画を観ましたか?

この、素晴らしい人気をどう思いますか?

 

この映画が大ヒットした理由を考えてみましょう。

さて、本題に入る前に簡単にあらすじを振り返っておきます。

 

時は大正時代。

この国では、暗闇に乗じて人々が邪悪な鬼に襲われる事態が頻発していた。

 

主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)には5人の弟妹がいる。

13歳と若輩でありながらも亡き父の後を継いで、炭焼きとして一家の生計を立てていた。

 

事件は炭治郎がいつものように麓の村へ、炭を売りに出掛けた留守中に起きた。

翌朝、炭治郎が家に戻るとあろうことか、鬼によって家族が惨殺されていたのだった。

 

かろうじて息のある妹の竈門禰豆子(かまどねずこ)を見つけ、なんとしても彼女を救おうと懸命な炭治郎。

 

しかし、禰豆子には鬼の血が混入し、鬼人と化してしまう。

まさに鬼の形相で襲いかかる妹を必死に抑えつける炭治郎。

 

そこへ鬼殺しの冨岡義勇(とみおかぎゆう)が現れ、なんとか妹をなだめて難を逃れることができた。

 

こうして冨岡との出会いをきっかけに、炭治郎は可愛い妹を人間に戻すため、そして家族の敵を討つべく鬼との戦いの旅へ出るのだった。

 

この『鬼滅の刃』、漫画時代は人気はそこそこだったのですが、アニメ化してバズり今は映画館に行列ができるほど超バズってます。

 

マーケッターとしては、これほど流行しているものをチェックしない訳にはいかない。

「他の似たアニメと何が一体違うのか?」

 

この映画の『家族愛』『チームワーク』が私の胸には強く突き刺さった。

炭治郎や煉獄杏寿郎の亡き家族への想いに、そして心の傷と葛藤に幾度となく頬が濡れた。

 

元々、涙もろかったのだが年を重ねてさらに涙腺が緩むのが分かった。

「俺も歳をとったなあ~」

と片付けるのは簡単です。

 

だが、なぜこんなにバズっているのか?

それを客観的に理解しておきたいと思いました。

 

そこで「鬼滅の刃が面白い!」という人たち数十人に聞くことにした。

Q1:どこが面白いのか?

Q2:他の似たアニメと何が違うのか?

 

そこで、なるほどと納得の理由がわかりはじめてきました。

『ビジネスはタイミングが命』と言いますが、それがけっこう大きいと思います。

 

バズった理由1:タイミング

冒頭紹介したネットの声の主には怒られそうですが、まずコロナで自粛期間だったのでアニメを見る人が多かったこと。

 

それによりアニメを見てなかった層まで取り込めたこと。

その層は今まで他のアニメを見てないので余計に楽しいと感じたこと。

 

これはデカイなと思いましたね。

ストーリーはある意味で王道ですが。

 

バズった理由2 :和の世界

世界観が日本なので、特に日本人に好まれたというのはあると思います。

 

日本のアニメは世界でも評価が高く鬼滅の刃も例外ではありません。

・進撃の巨人

・ワンピース

・鋼の錬金術師

などのように人気がどこまで続くか?

 

バズった理由3 :家族

テーマが家族愛なのですが、もちろん他の映画や漫画にもあります。

 

しかし、現在は家族愛が昭和に比べて薄くなっているので、タイミング的にもそれが良かった気もします。

 

もう1つ、家族で一緒に見られるという意味では、他の漫画よりも遥かに観やすいのではないでしょうか。

 

もともと、小学生に人気が出てそこから流行ったと言われていますが、コロナも手伝って家族でファンになっている人が多いと思われます。

 

この『家族愛』ビジネスではとても大事なのです。

あの有名なアメリカのマーケッター『ダン・ケネディ』。

 

彼の教えを受けたアリゾナ州で小さなレストランを経営する店主。

その店主は、レストランに来るお客さんの誕生日と住所をできる限りメモに残した。

 

そして、あくる年からお客様の誕生日一月前に、お祝いメッセージをせっせと送った。

目立って印象に残るよう、紙のテーブルマットに手紙をしたためることもあった。

 

最後に

『もし、お望みであればお好みのメニューを取り揃えて、あなたのバースデイパーティのご用意をさせていただきます。

もちろん、大満足していただけることを保証いたします。

ご連絡お待ち致しております』

そう書き込むことを決して忘れなかった。

 

家族全員の誕生パーティを毎年このレストランで開催するファミリーは徐々に増え、結婚記念日をこの店で過ごす夫婦も多くなった。

 

今では、アリゾナ州を代表するレストランチェーンになっているという。

コロナの後、この戦略は大きなヒントになるのではないでしょうか。

 

バズった理由4:歌手

主題歌を歌うRisaさんがSAOという人気アニメの主題歌も歌っています。

「Risaさんが好きだから」という理由でそのまま来た層も多かったことでしょう。

 

と、色々と理由があったのですが客観的に見て実はこれが一番かな、とも思う。

バズった理由5:スピード感

 

これが最も重要な要素だったのではないかと思います。

漫画もアニメも両方見たのですがとにかくスピードが早い。

 

もったいつけないというか

「え、このシーンを見開きだけで終わらせるの?」

というのが多々ありました。

 

ドラゴンボールなんか引っ張り方が酷い。

ベジータと孫悟空という人気キャラが向かい合ったら、『ゴゴゴゴゴゴ…』という効果音だけで2週間くらい引っ張ります。

 

鬼滅の刃はそこらへんはサクサクしていますね。

私が子供の頃と今の子供たちとの大きな差は、暇の過ごし方だと思っています。

 

今の子供たちは生まれたときからスマホがあり1秒でも暇ができるとすぐにスマホをいじります。

スマホの世界では暇を与えられず常に猛スピードで動いている。

 

これは良いところと悪いところの両方があります。

私は子供の頃は例えば、電車に乗ったらイチャついてるカップルを見る。

 

「悔しい~!俺も彼女作るぞ!」

などと妄想し、そして、その妄想に近づくために努力をしました。

 

しかし、今はスマホを開けば友達も、バーチャルな彼女もすぐに見つかります。

逆らわない思い通りのある意味で理想の彼女がそこにいます。

 

すごい世界だなあ、と思う反面こういう思春期を過ごした子どもたちは、一体どんな世界を創るのか、とても気になります。

 

今の時代は暇が許されない、浅く広くスピーディな世界です。

別な言い方をすればせっかちです。

 

こういう価値観をもった人たちにとっては、鬼滅の刃の世界観は良かったのかも知れません。

他のアニメだとこうです。

伏線→伏線→ドカン!

 

これに対して鬼滅の刃は

ドカン→ドカン→ドカドカドッカーン!

という感じかな。

 

このバズらせ方は今の時代を象徴しています。

こういう風に人気のあるものを自分なりに分析すると、ビジネスや私生活にも応用ができます。

 

アマゾンは翌日に届きますので、せっかち世界にピッタリ。

家族愛、家族と一緒にというコンセプトは、これから色んなものに応用が可能です。

 

コロナを含むタイミングで苦しい会社もあれば逆に伸びた会社もあります。

何よりも『鬼滅の刃』のバズらせ方には、かなり勉強になる要素が含まれている。

 

人は苦境に立てばたつほど自分中心に考えがちでが、その逆を行くべきです。

苦しい時、辛い時ほど周囲にやさしくする。

 

家庭のある人はどうしたら家族を幸せにできるか?

そこを起点に次の人生を組み立てるべきです。

 

人は自分のためにだけでは、頑張り切れないところがあります。

誰かを、愛する者を救うためなら、何倍も頑張れます。

 

家族を失った悲しみと憤り、そして残されたたった一人の家族を守るために日々をささげる男子。

優しく厳しく育ててくれた亡き母に認めてもらいたくて、全身全霊を集中させ鬼に挑む若者。

 

鬼滅の刃を語るには、家族愛が欠かせません。

愛が人間を強くする。

 

鬼滅の刃が流行った理由。

あなたも是非、考えてみて下さい。

 

『鬼滅の刃』原作漫画はこちら↓↓↓

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました