20億円の借金地獄からでも再起できる・逃げるな!

人生

自分自身は、実に単純な男だと思っている。

しかし、私の人生はかなり複雑だ。

 

過去の失敗を他人に晒すことは、もうあまり気にならないが、どこから書き出せばよいのか、なかなかまとまらない。

 

 まず、普通の人生ではあまり経験しないだろう、実体験を羅列したい。

 

・借金20億円に追われる生活を長い間送ってきた。
・競売によって家を失う。
・家財の差し押さえを2度経験。
・生活に困窮していた時、ようやく入金にこぎつけた虎の子の100万円を銀行口座で差し押さえられる。
・宗教に翻弄され、多額の金銭をつぎ込む。
・数億円規模の詐欺にあう。

 

すべて本当の話です。

決して大げさではありません。

 

むしろ、抑え気味の表現です。

 嘘だと思う方は、ここで読むのをやめてください。笑

 

 

タイトルを『20億円の借金地獄から再起し、人生を楽しむ男のブログ』としている以上、その内容や事実関係に触れないわけにはいきません。

 

今回は、借金が膨れ上がった無軌道な会社経営と金融機関とのやり取り、その過程で浴びた罵詈雑言、そして触れた人々の人情などを話していきます。

 20億円の借金でも自己破産できない苦悩と自業自得

解放

私は20億円もの借金を背負いながら、自己破産はしていない。

それには深い理由があるのです。

 

商売が行き詰まり、金利の返済も滞りがちになっていた時、ある金融機関の専務理事から呼び出され、本店の会議室で面談した。

専務の両脇には若い社員二人が控えていた。

 

「社長、このままでは終われないでしょ。

かと言って何も手を打たなければ、討ち死にですよ。

 

2千万円融資します。

これで、何とかしてください。

 

担保は何でもいいです。

3番、4番担保でいいですから、用意してください」

 

「それと、あなたが社長の会社には融資できません。

稟議が通りませんから。

子会社の方で良いですから、誰かを社長にして下さい」

 

私は藁にもすがる思いで、当時大学生だった長女を社長にして融資を受けた。

同時に娘は2千万円の連帯保証人になったのだ。

 素直な娘だったから、親のやることに一片の疑いも持たなかったのだ。

 

計画性もない、緻密さなど求める方がおかしい。

何の能力もなく、行動力と運だけでやってきたのだから、何をやってもうまくいくはずがない。

 

2千万円は1年ほどで使い果たしてしまった。

平成8年ころのことだったと思う。

 

すでに大手銀行が複数潰れ、追加融資してくれた金融機関も危ないと、噂が立った。

家が競売にかけられ、債権は整理回収機構に譲渡された。

 

金融機関や債権を保有する会社への対応で私は疲れて果てていた。

死にたいとは何度も思ったが、具体的に死の方法を考えるまでには至らなかった。

 

ただ、夜眠りにつくときは、

「もうこのまま、明日が来なければよいのに」

毎晩のように、そう思う日が続いた。

 

『途に倒れてだれかの名を♪♪ 呼び続けたことがありますか♬』

と中島みゆきさんは失恋の悲しみを歌っているけど、それよりもっと辛らかったと思う。

 

自己破産しようと思ったこともあったが、私が自己破産すると2千万円の取り立ては娘に向かう。

 連帯保証人とは恐ろしい。

 

だが、後悔したって始まらない。

自分が踏みとどまる他なかったのだ。

 

前後を考えない軽率極まる行動で、家族を巻き込むなど最低の男だった。

どんなに悔やんでも解決できるわけではなのだから、娘に牙が襲いかかるのだけは何としても阻止しなければならない。

 

潰れる前の金融機関や債権を引き継いだ整理回収機構には、娘を保証人から外すよう何度も交渉した。

 

しかし、返ってくる答えは決まっていた。

「金融機関は生きている保証人をはずことはできない。

増やすことはできますが」

 

整理回収機構で一度だけ悪態をついたことがあった。

いつもは2人の対応だったが、その日は3人いた。

 

そのうちの真ん中に座った、初対面の男が言い放った。

「返せないなら、家まで行って身ぐるみしっぺ返しますよ」

 

「何、やれるならやってみろよ!

お前に、俺の家に土足で上がる権利があると思っているのか?

俺は、お前から金を借りたわけじゃないんだ」

 

次の面談では相手側の顔ぶれは全員変わっていた。

対応したH部長は、何故、複数人で対応するのか、どうしてこの部屋に至るまで、3度もセキュリティを通らなけてはいけないのか、などを細かく説明した。

 

勿論、この部長にも娘の件は訴えた。

だが、やはり答えは変わらない。

 

 もう飽き飽きするほど、同じお願いを繰り返した。

相手もまたかと言う表情で、ついには儀式になってしまった。

 

ところがである、ある日H部長から携帯に電話が入った。

「明日の午後必ず来てください。

私は近々、転勤になります。

会うのは最後ですから、必ず来てください」

 

いつも必ず二人以上いたが、その日は部長一人だった。

挨拶もそこそこ、部長が切り出した。

 

「どうやっても娘さんを保証人から外すことはできません。

でも、この書類を後でじっくり読んでください。

いいですか、ずーと保管しておいてください。

何かあったら、この書類を見せてやってください」

 

部長は珍しくエレベーターまで送ってくれた。

「千葉さんとはもう会うことはないだろうね」

 

私はエレベーターのドアが閉まってからも、しばらく頭を下げたままでいた。

と言うより、こみ上げるものがあって顔を上げられなかった。

 

それが正解だったのです。

交渉を始めて7、8年は経っていたと思う。

 

受けとった書類を持って、弁護士事務所を訪ねた。

私は借金返済で、弁護士にはほとんと相談しなかった。

 

だが、この書類だけはどれほどの効力を持つのか、専門家に聞きたかった。

H部長を信頼はしていたが、専門家の言質が欲しかった。

 

「これは、上手くやったね」

私より一つ若い、実に冷静な弁護士だった。

その一言で、すべて納得することができました。

 

私は、金融機関の人間から数々の罵詈雑言を浴びた。

「あんたも、人間だろ、人間らしいことをしなよ」

 

「良い人間はみんな早く死ぬんだよなあ」

一時期、日本の自殺者は3万人を超えたことがありました。

 

でも、振り返ってみれば、H部長のような好意的に接してくれた人の方が、比率では圧倒してる。

生き延びてこれたのはそのおかげかも知れない。

 

最も大口だった債権者も潰れてしまったが、こちらは債権を外国企業に売った。

潰れた会社で残務整理をしていた常務が、掃除の仕事をしていたスーパーまで、私を訪ねてくれた。

 

蕎麦を食いながら言いました。

「債権はオ〇〇〇の会社に売りましたから。

ヨーロッパの会社と言っても、日本に支社も支店もありません。

弁護士事務所が窓口になっているだけです」

 

「100%とは言い切れませんが目立つようなことしなければ、おそらく請求は来ないと思います。

死んだふりしていてくださいよ」

 

親会社の生命保険会社がお金を払って、不良債権を一括して買ってもらったのだという。

だから、請求が来る確率が低いとのことだった。

私の債権は担保をすべて処分しても6割は残債があったようだ。

 

債権者がお金をつけて第三者に債権を引き取ってもらう。

当時は貸した方も不良債権処理に苦労していたのです。

 

理由はよくわからないが、その後整理回収機構の債権がサービサーに売られた。

その頃には別なサービサーに勤めていた人物と懇意になっていた。

 

この知人からのアドバイスによって、サービサーへの返済は間もなく終わったのです。

 サービサーとの債権債務が片付いて、例の弁護士と会った。

 

「まあ、よかったね、サービサー法のお陰だよ。

サービサーが出来ていなかったら、債権が暴力団に売られる。

以前は、そうなる前に自己破産しか選択肢はなかったんでよ」

 

この10年間、借金の督促は一度もない。

あれはほ悩み苦しんだ2,000万円の保証人問題が解決すると借金の督促もなくなり、自己破産の必要もなくなるのだから、不思議と言うか皮肉というべきか、人生とは不可解なものだ。

 

私が保証人となって抱えた借金は帳簿上が約14億円だったが、帳簿外で約6億円あった。

そのうち5億円は借用書も書いていないものだった。

 

しかしこれらは、相手に借りた金額以上のメリットを与えたから、自然消滅した形となった。

1億円近い金額を借用し、金銭貸借書も作成していた方の会社は総務部長がはっきりと言いました。

 

「あなたの会社と我が社には、一切の貸借はありません」

「もう、しばらくは会うこともないでしょう」

 

借用書なしで5億円用立ててくれた会社は、わざわざ新任の経理担当常務が我社を訪ねてくださいました。

 

「社長、いつでも会社へ遊びに来てください。

堂々と今まで通り」

 

なぜ、2社ともこうなったのか、それについてはいずれ詳しくお伝えします。

 

借金から解放されたころ、私にも平穏が訪れました。

出版社に職を得て、雑誌にインタビュー記事を載せていた頃です。

 

ゴルフ場経営会社の社長を中心にインタビューをしていたのです。

延べ30人を超えていたと思いますが、誰一人約束の時間以内に終えた人はいませんでした。

 

インタビューに応じたすべての方が、時間を超えて話してくれたのです。

聞き役に徹していましたので、本当に皆さんよく話してくださいました。

 

中には

「ちょっと待ってよ、いいかな千葉さん」

「はい、社長もう約束の時間を過ぎていますから、終わりにしましょうか」

 

「いや、そうじゃなくて、たばこ吸ってもいいかな?」

社内全面禁煙にもかかわらず、自ら戸棚を開けて灰皿を引っ張り出し、たばこをくゆらせながら再び話し出す豪快な社長もいましたね。

 

サラリーマン社長もいればオーナー社長もいました。

いずれにしても、成功者には違いありません。

 

やはり、皆さん話したいのです。

成功した道のりやこれからの方針などを。

 

本当に楽しい日々でしたが、長くは続きませんでした。

私が所属していた部門が、身売りすることになったのです。

 

一緒に身売り先に行く選択肢もわずかにありましたが、全く魅力を感じなかったので、退社することを選択しました。

 

役員がわざわざ出向いてきて、

「千葉さん、納得できるまでいてください」

だが、残れとは言ってくれませんでした。

 

契約社員だった私はその出版社を、担当雑誌がないまま半年ほど経ってから退社しました。

それから数年後、北海道へ帰ってきたのです。

 

今は昭和時代とは違う。

多額の借金をしても生き延びることはもちろん、再起することだって十分可能です。

 

逃げずに対処すると相手だって人間だ。

互いにのやり取りの中で必ず助かる方法が見つかるものです。

 

只今、WordPress・ワードプレス導入まで

マニュアルを無料で配布中です。


レンタルサーバーとの契約手順から、独自ドメインの取得方法、

ワードプレスの導入・設置までを詳しくわかりやすく解説しています。

興味ある方は下記からどうぞ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました