インターネットもSNSも、ツール、道具、手段でしかない

オンラインビジネス

投資をしたいと考える人が今、爆発的に増えているそうです。

コロナによる不景気や本業に対する不安からでしょう。

 

このような社会情勢、景気動向の中でもう一つ必ず増えるのが詐欺です。

電話ではお年寄りが、インターネットでは若者が狙われている。

インターネットを特別視してはいけない理由

インターネット

インターネットを利用した、副業サイト詐欺が急増しているようです。

例えば、次のような話がネットニュースに載っていました。

 

*20代女性から消費者生活センターにあった相談

インターネットで副業を探していると、お金が儲かるというサイトがあったので無料会員登録した。

登録後すぐに40代男性から『話を聞いてくれたら100万円あげる』とメールがきた。

するとサイト運営者から、有料会員になる必要があると1万円を請求された。

プリペイド型の電子マネーのギフトカードを購入し番号を伝えたが、男性からの連絡が途絶えた。

(2020年6月)

 

似たような話はたくさんあって、消費者生活センターにはこの類の相談が年間3000件以上あるのだという。

コロナ後は特に増えていて、センターは注意を呼びかけている。

 

消費者センターのような公の機関への相談は、氷山の一角と言われています。

実際に被害にあう人は、年間数万人に達すると言うことでしょう。

 

『話を聞くだけで100万円もらえる?』

「そんな馬鹿な話を信じる方がおかしい、どうかしている」

 

そう思ったあなたは、実に健全な考えの持ち主です。

ではなぜ、このような被害が増え続けるのでしょうか?

 

原因は様々ですが、大きな要因の一つに挙げられるのがインターネットの特別視

インターネットをあたかもドライモンのポケット、魔法の杖、玉手箱のように考えている人がとても多いのです。

 

・欲しいものが何でも簡単に手に入る

・お願いするだけで、望みが叶う

・中身が何かわからないが、ワクワクするほど開けるのが楽しみ

 

インターネットにそんな過大な期待を寄せる人が想像以上に多い現実。

それが、ネット詐欺を蔓延させる大きな原因であることは間違いありません。

 

もしかしたら、あなたの心の奥にもそんな思いが潜んでいませんか?

インターネットはツールの一つに過ぎません。

とても便利ですが、道具の一つ、手段の一つに過ぎません。

 

道具なのですから使い方も練習せず、何の訓練や努力なしにお金儲けができることはありません。

手段なのですから、有効な利用法を学ばずにあなたの願いが叶うことはありません。

 

インターネットに限らず、炊飯器や洗濯機もとても便利で高性能になりました。

ボタン一つで美味しいご飯が炊け、衣類も実に簡単にきれいになります。

 

しかし、炊飯器や洗濯機のボタン操作を覚えただけでは、便利ではあるがお金は稼げません。

インターネットも同じです。

 

検索窓に言葉を打ち込むことができれば、いろんな事が調べられてとても便利です。

だが、それだけではお金は稼げませんね。

 

「いやいや、ちょっと待ってください。

炊飯器や洗濯機をいくら勉強したって、お金儲けはできないでしょう?」

 

あなたは、そう反論するかもしれません。

だが、そうでしょうか?

 

TVをご覧ください。

炊飯器で美味しいシチューや煮物の作り方、蒸かした料理を教えて、お金を稼ぐ料理研究家は何人もいます。

 

すでに10年以上前からこのような方々は存在していて、むしろそれがきっかけでTVにレギュラー出演するようになった人もいるのです。

 

洗濯機も同じですね。

『子どもの上履きを洗濯機で洗う方法』『白いワイシャツの襟を洗濯機で綺麗にする方法』などを雑誌やネットで発信して稼いでいる方もいます。

 

インターネットだってタイピングができるだけでは、残念ながらお金は稼げません。

何でも一緒です。

 

お金を稼ぎたければ有効な利用方法、正しい運用の仕方を覚えなければいけません。

逆に言えば正しい知識、正しい行動が身についたならインターネットはお金儲けはもちろん、いろんな可能性が無限に広がると言うことでもあります。

 

副業詐欺、怪しげなアフィリエイト塾にこれ以上引っかからないためにも、正しく無理のないお金の稼ぎ方を学ぶ必要があります。

 

私が現在進行形で実践していることを失敗、成功を織り交ぜながら書き連ねていきます。

きっと、あなたのオンラインビジネスに役立ちます。

 

只今、WordPress・ワードプレス導入まで

マニュアルを無料で配布中です。


レンタルサーバーとの契約手順から、独自ドメインの取得方法、

ワードプレスの導入・設置までを詳しくわかりやすく解説しています。

興味ある方は下記からどうぞ!

オンラインビジネスは決して特別ではない、昔からあった!

副業

副業詐欺や怪しげなアフィリエイト塾に引っかかる要因は他にもあります。

オンラインビジネスという言葉に特別な響き、強い憧れの感情を持つ人は要注意です。

 

アフィリエイトなんて紹介業をカタカナで書いただけ。

決してインターネットの普及後に生まれた職業ではありません。

 

昔からあります。

最も古い紹介業は、人材派遣業かも知れません。

 

江戸時代は『口入れ屋』、明治から高度成長期にかけては『手配師』

昭和50年ころからようやく、人材派遣の言葉が定着したのではないでしょうか。

 

不動産仲介業などは典型的な紹介ビジネスです。

今、ネット上で大盛況の『出会い系』だって、昔から多数存在しました。

 

『結婚相談所』『お見合いクラブ』『若い根っ子の会』など、男女交際や交友を目的とした団体、組織はたくさんありました。

もちろん、愛人クラブも多数存在しました。

 

『セドリ』『転売』も昔からある手法です。

平成10年から15年ころにかけて、私は転売を経験しています。

 

会社を潰して約15億円の借金に追われていた当時、私は借金返済と家族を養うために何でもやりました。

転売をやったのは、知人のビルの一角を借りて雑貨を売っていた時のことです。

 

ある日、住まい近くの100円ショップを覗いたら、とってもきれいな絵皿がありました。

まだまだ煙草を吸う人が多かったので、おしゃれな灰皿で売ろうと5枚買ったのです。

 

500円で店頭に置くと忽ち3枚売れました。

全員男のお客さんで、灰皿として買っていきました。

 

ところがである、4人目のお客さんは年配の女性だった。

「このお皿、ホントに500円でいいの?」

 

よく話を聞くとフランスかどこかのヨーロッパでは有名な絵皿なのだという。

女性は残りの2枚を買ってくれたのでした。

 

この当時は100円ショップに倒産品が良く売られていました。

きっとその類だったのでしょう。

 

その日の夕方また例の100円ショップに寄り、10枚仕入れて2日間ですべて売り切れたのです。

3度目に行った時は100円ショップも売り切れていて、その後何度か足を運んだのですが、ついにあの絵皿に出会うことはありませんでした。

 

これに味を占めてよく小売店を回り、安い品を仕入れては転売したものです。

長く続いて儲かったのは、西武池袋線の石神井公園駅近くにあった洋服店で仕入れた紳士用ズボンでした。

 

980円から1200円くらいで仕入れたのを1980円で売るのです。

よく売れましたね。

 

私が営業していたのは日本橋の明治座近く。

当時、この地区はマンションが立ちはじめ、中小企業も多かったのですが元々からの住宅地ではないので、スーパーなどの小売業がほとんどなかったことが幸いしたのです。

 

このように現在、ネットで注目を集める業種も昔からあった商売です。

オフラインでやるかオンラインで運営するかの違いだけ。

 

決してオンライン上で行われているビジネスが新しいわけではありません。

手法と用いるツールが変わっただけなのです。

オンラインの方が便利で安上がりだから、それを利用しない手はありません、という話なのです。

 

オフラインに比べ、オンラインは広範囲にかつスピーディに展開でき、一度に多くの情報を安価に発信できるのが特徴であり、強みです。

 

情報販売は言うに及ばず、教育産業も今後はオンラインが主戦場になるでしょう。

特に秘匿性の高い出会い系やアダルト系はオンラインの独壇場と言えます。

 

前にも書きましたが、人間は天才と雖もこの世に存在しなかったビジネスを考えつくなど、ほぼ不可能です。

 

古くからあるものと新しいツールを組み合わせて、ニュービジネスが生まれるのです。

人真似、大いに結構です、大胆にやるべきです。

 

ビジネスは真似と組み合わせによって成立するのですから。

あなたはスワイプファイルをご存知ですか?

 

スワイプファイル(Swipe File)のスワイプは、スラングで『盗む』の意味。

要するに売れたセールスレターをファイルとして保管し、真似て書くのです。

 

一流セールスライター(コピーライター)は、すべての人がこの手法を実践しています。

有名なスワイプファイルは、マーケティング会社から販売されているほどです。

 

ちなみにアメリカの法律では、広告文は60%まで他のレターを真似ることが認められています。

アフィリエイト塾や教材販売者には、コピペはしないようにと教えるところが多いですね。

 

自分はやっているが、格好つけてそう言っているに過ぎません。

一流のコピーライターは真似することを薦めます。

 

スワイプファイルを集めて下さい。

多くのコピーライターが欲しがっています。

まとめれば後でお金になります。

 

これは、日本一のコピーライターと言われる方から送られてきたメールです。

勿論、私も100%丸写すせよとは言いませんし、したところで通用するものではありません。

 

だが、上記アメリカの法律や一流コピーライターの言葉は、あなたがこれからビジネスをする上で、きっと何かのヒントになるはずです。

 

只今、WordPress・ワードプレス導入まで

マニュアルを無料で配布中です。


レンタルサーバーとの契約手順から、独自ドメインの取得方法、

ワードプレスの導入・設置までを詳しくわかりやすく解説しています。

興味ある方は下記からどうぞ!

SNSをツールとして活用することを覚えよう!

SNS

何だか世の中、SNSに振り回される人が多いですねえ。

SNSが原因で心を病む人が、かなり多いようですね。

 

中には命までも・・・もったいない・・・・・・

道具、ツールと割り切れない悲しさ、やりきれなさ。

 

毎日使っている炊飯器が、突然自分に向かってお湯を噴き出したら、誰だって使うのをやめます。

扇風機が突然、悲鳴のような音を立て、いつ羽根が飛び出してもおかしくない状態になったら、すぐに使用を中止するでしょう。

 

SNSだって同じ。

自分に危害を加えるものを、いつまでも使い続ける理由なんて皆無です、道具なんですから。

 

サッサと捨ててしまいましょう。

リアルだから、バーチャルだから、そんなことは全く関係ありません。

 

パソコンもスマホもSNSも、道具、ツール、手段である。

これを改めて認識しておきましょう。

 

割り切ってツール、手段ととらえると、これほど便利な物はありません。

TwitterやFacebookは集客にとても便利です。

 

もしあなたが、Facebookをビジネスに利用したいと考えているならば、プライベートとビジネス用に分けて、二つのアカウントを持つことを薦めます。

 

作り方は簡単です。

Facebookの登録は本名が基本です。

したがって、二つアカウントをつくるときは、氏名の順序を変えるかローマ字登録にするのです。

 

具体的には次のようになります。

 

元々のアカウント名⇒ 山田 善太郎

二つ目のアカウント⇒ 善太郎 山田

又は⇒        yamada  zentarou

 

これで、アカウントを切り替えながら使用できます。

 

Facebookの経営は広告収入が主です。

アカウントが増えるほどクライアントに対して広告代を高く請求できので、多少のお目こぼしがあるのです。

 

Facebookでの集客については実践記を追々載せていきます。

お楽しみにどうぞ。

 

海

 

話はがらりと変わりますが今日で4日連続、海で泳ぎました。

半年ほど前のこと、体が異常にかゆくなり皮膚科に行ったら、目に見える症状は出ていないがアトピーの可能性があるとのことだった。

 

飲み薬と塗り薬を処方されて症状はかなり改善したが、薬をやめるとやはりかゆくなる。

アトピーは海水につかると良いと医者に聞いたので、夏を待っていたのです。

 

1日15分ほど泳ぐのですが、効果は抜群です。

薬は2週間ほど前から完全にやめていますが、泳ぎ始めて2日目には、かなりかゆみが落ち着いてきました。

 

アトピーの症状だけではない。

鼻詰まりと喉のいがらっぽさも改善されてきたのでビックリ。

 

鼻詰まりがひどくて、点鼻薬を手放せなかったのですが、海で泳ぎ始めてから一度もお世話になっていません。

 

喘息にも海水浴が効くと言われているが、喉の調子もすこぶる良好。

海は生命の源、自然の力はやはり偉大だ。

 

北海道でも小樽は8月半ばまでは泳げます。

旧お盆過ぎると気温が低くなるだけではなく、潮風が冷たくなって海水温も急速に低くなります。

 

歳が歳だけにそう無理はできません。

8月16日を泳ぎ納と決めています。

 

それまでにあと、10日ほどは泳ぎたい。

どこまでアレルギー症状が改善できるか、とても楽しみだ。

 

只今、WordPress・ワードプレス導入まで

マニュアルを無料で配布中です。


レンタルサーバーとの契約手順から、独自ドメインの取得方法、

ワードプレスの導入・設置までを詳しくわかりやすく解説しています。

興味ある方は下記からどうぞ!

 

コメント

  1. masaaki より:

    ワードプレスの使い方を知りたいのですが、教えていただけますか?

タイトルとURLをコピーしました