日本は独裁国家?捏造と自虐に憑りつかれた日本の赤いメデア!

駅ホーム 世相

日本のメデアはどうして自分たちの祖国『日本』を貶めたいのだろう。

なぜ、捏造まがいの記事を書いてまで、自分の国と国民を辱めたいのでしょう。

 

ニューヨークタイムズが2019年、日本を『まるで独裁国家みたいだと』と批判していた記事。

しかし、このニュースは多くの国内メデアによるミスリードでした。

 

ニューヨークタイムズの『独裁』呼ばわりに関して、全く別な解釈で日本メデアの堕落を暴いた方がいます。

 

ドイツ人です。

紹介しましょう。

ドイツ人から見たら、日本の駅は独裁国家の風景?

ドイツ人から見たら日本は独裁国家に見えてしまうようです。

ただし、『ソフトな』がつきます。

 

日本とドイツを研究のため忙しく往復している工学博士が、日本人の質問に答える形でそう言ってました。

 

お名前は忘れてしまいました、ゴメンナサイ。

慌てて、あれこれネットを探し回ったのですがどうしても見つかりませんでした。

 

後日、奇跡的に知ることができたら、必ずご報告します。

ドイツ人である事だけは間違いありません。

 

その、ドイツの工学博士はニューヨークタイムズの『独裁』記事に関してこのような見解を述べています。

 

「私は日本がとても好きです。

けれども、日本へ行くと独裁国家にいるような感覚を覚えてしまいます。

 

国自体は民主主義的だし、人々も優しい。

中国にいる時とは全く違う感覚です。

 

『独裁国家』とは言っても、非常に柔和で優しい独裁国家です。

誰もがそれを受け入れている、ソフトな独裁国家のような感覚が見られるのです。

 

日本の電車のシステムは完璧ですね。

正確無比で、整然としていて快適そのものです。

 

しかし、その正確無比ゆえに困ることもあります。

ホームで列に並んでいる時、やって来たのがピンク色の女性専用車両だったら、私は別の車両へ移動しなければならない。

 

もしそのシステムを理解せず、従わなかったら、白い手袋をつけた駅員がやってきて追い出されることもあります」

 

私たち日本人がごく普通に受け入れ、当然だと思って行動していることが、違う国の人の目には異様であり堅苦しいルールに映っているのです。

 

そして次のように続ける。

 

コロナ禍の自粛期間中でも、我々は自由だから国が指図するな!

そのように叫ぶ人は少なかったはずです。

 

極端に言えば全国民があまり疑問を感じる事なく同じ行動をする。

法的に強制力がない行政からの要請に対しても、国民一人一人が理性的に判断して行動できると言い換えてもいいでしょう。

 

このような日本人の気質を記者クラブのシステムと重ね合わせて、ニューヨークタイムズは、まるで独裁国家のようだと比喩したのです

 

赤線の部分がとても大事なのです。

ドイツの方はニューヨークタイムズが日本人の気質と記者クラブの閉鎖性を重ねた、と書いています。

 

ところが、これを日本の赤く染まったメデアはどう報じたかというと、日本人の気質などは全く無視しているのです。

 

『当時の菅官房長官が東京新聞記者の質問に答えなかったことは、まるで独裁国家のようだ』

ニューヨークタイムズがあたかも、そこを重視しているかのように報じたメデアが多かったのです。

 

確かに東京新聞と菅官房長官の間柄にも触れてはいます。

しかし、ニューヨークタイムズはそのような事が起きる大きな原因は、閉鎖的な日本記者クラブのシステムにあると指摘しているのです。

 

『日本の政治記者らはクラブから締め出されたり、情報にアクセスする特権を失ったりすることを恐れ、当局者と対立することを避けがちになる。

日本政府が特定の記者を無視するような行為をするのは、これが原因になっている』

 

このことをニューヨークタイムズは論調の中心に据えているのです。

独裁国家が嫌なら、自ら記者クラブを離れて自由闊達な報道に徹すればよいのです。

 

日本の一部政治家や評論家、学者が批判しべき本当の相手は記者クラブに所属するメデアの方なのです。

 

既得権にしがみつき新興勢力や小規模メデアを排除する、日本記者クラブこそ言論の自由を制限し、侵害している張本人です。

 

彼のドイツ人研究者はこのように結んでいます。

「日本のメディアはそこまでは考えが及びませんから『独裁国家(Autocracy)』の言葉に飛びついたのだと思います」

 

そこまで考えが及ばない、とはキツイお言葉です。

でも、日本のメデア諸君の耳には届かないでしょうね。

 

彼は日本の質問者に語りかけます。

 

「皆さんは自分が独裁国家の住民だという自覚はありますか?

殆どの方はそんな事を感じた事は無いはずです。

 

もし日本が真の独裁国家ならば、誰が独裁者なのか?

明確に示して貰いたいものです

 

こちらの赤線の部分は、質問者と日本のメデアそしてニューヨークタイムズに向けたものと思われます。

 

トランプさんの記者会見を何度も見ているアメリカのメデアが、日本の官房長官をただ単に『独裁者』と揶揄するのも間抜けな話ですからね。

 

そのような数々の事実を無視して、自国を独裁国家と貶める日本のメデアは何を考えているのか、とても不思議ですよね。

 

政治家や政府を嘘つき呼ばわりしながら、一方では捏造まがいの記事を平気で配信する。

国民をミスリードした『大本営発表』報道から、何も進歩していないのが日本の報道機関でしょう。

 

どうしてなのか理由は分かりませんが、なりふり構わず自国を貶めたい人々には、ドイツ研究者の次の言葉を贈りたい。

 

「日本の社会構造、生活様式、国民の意識は海外の人々からみると異次元で、異常で、美しくて、優しくて、統制が取れていて羨ましさもあってソフトな独裁国家に見えてしまうのです」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました