波乱の人生

スポンサーリンク
波乱の人生

ノーベル賞はアルフレド・ノーベルの死亡記事とある女の存在によって創設された

死亡を報じたフランスの新聞に死の商人と書かれてショックを受けたノーベルが、その汚名をそそぐために取った手段がノーベル賞の創設だった。 さらにその陰には、あるオーストリア人女性との出会いもあったのです。『女性募集』の広告がもたらした出会いとは?
波乱の人生

ビル・ゲイツはIT業界の悪人で、今世紀最大の慈善家ではない?

今世紀最大の慈善家として知られるビル・ゲイツだが、実はIT業界の悪人だった。そんな説を唱える人が多くいます。彼らが指摘するビル・ゲィツがIT業で行った悪業の数々とは、一体なんだったのか?ビルゲイツがやっている現在の慈善事業は何のため?
波乱の人生

奥田瑛二の次女は安藤サクラで芸能一家!天知茂の付き人だった過去とは?

奥田瑛二の妻は安藤和で、彼は若いころ天知茂の付き人をしています。だが天知さんの元を逃げ出した奥田瑛二は辛酸をなめつくしたような苦労の連続でした。54歳の若さで逝ってしまった天知茂さんをいまでも師匠として慕っているが、なぜ逃げだしたのか?
波乱の人生

江口のりこに旦那はいないが結婚より後悔しない人生を優先!

江口のりこさんは中卒で上京し、個性派女優として大活躍しています。小学生のころから高校への進学は考えていなかったというから、すごい人です。 すべてを自分で決めて、すべて自己責任で行動するなんて、なかなか出来ることではありません。
波乱の人生

小樽の偉人坂西志保の生涯と出生の秘密、日米両国からのスパイ容疑とは?

北海道小樽生まれの坂西志保を知っていますか?戦時中はアメリカと母国・日本、両国からのスパイ容疑に苦しみ、終戦と同時にGHQ職員に抜擢された波瀾万丈の前半生。しかし、痛快なほどに大逆転した坂西志保の後半生は戦後民主主義の伝道者とさえ言われた。彼女の数奇な人生を追った。
波乱の人生

渡哲也は若い頃から礼儀正しい男だったが、石原プロへ入った理由に納得!

渡哲也さんは格好いい俳優でした。 180㎝を超えるスラリとした長身で稀に見る律義さ。 彫りが深くて精悍、ハンサムでかつ男らしい顔。 すでに経営が傾きかけていた日活へ入社したのは、1964年(昭和39年)のことです。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました