波乱の人生

スポンサーリンク
波乱の人生

千葉真一と野際陽子は若い頃夫婦だった。二人の息子が後を継ぐ!

千葉真一さんが亡くなられたのは2021年8月19日のことでした。 82歳で逝ってしまいましたが、とても80歳を超えているとは思えないほど若々しかったのに、本当に残念です。 亡くなられるわずか1ヶ月前にある雑誌のインタビュ...
波乱の人生

中島みゆきの名曲は時代を超えて歌われ続ける、だから引退はまだまだ先!

『生きる伝説』と表現する人さえいる日本を代表するシンガーソングライターの中島みゆき。 彼女は、メデアへの露出が極端に少ない歌手の一人です。 ラジオにはけっこう長い間出ていましたが、テレビや雑誌などにはあまり出ません。 ...
波乱の人生

玉置浩二は若い頃から歌の天才でギターの名手だ!現在も青田典子に支えられ活躍!

玉置浩二は天才と呼ばれます。 何が天才かと言えば、歌のうまさです。 音楽関係者がアーティストの歌唱力を語る時、必ずと言って良いほど玉置浩二の名前が登場します。 同じ現場でレコーディングに携わった人や、作曲家などもベ...
スポンサーリンク
波乱の人生

薬師丸ひろ子が女優をやめたいと悩み続けた理由とは?救世主はあの人!

あれから半世紀近くも経とうとしているけれど地方ロケに行くと、いまだに『ほらほら、あのセーラー服の』と高齢の方から言われると言う薬師丸ひろ子。 しかし、彼女はずーっと女優をやめたいと考えていたのです。 「あの作品に出演した...
波乱の人生

大黒摩季の歌手人生は病魔との戦いだったが、最後の望みが絶たれても彼女は負けない!

1995年2月20日にリリースされた10枚目のシングル『ら・ら・ら』で140万枚を売り上げた大黒摩季。 リズミカルで張りのある歌声は聴くものを魅了します。 ライブではステージいっぱいに動き回り、とても活発なアーティストで...
波乱の人生

美川憲一の救世主はコロッケだった!二人の母と歩んだ波乱万丈の歌手人生とは?

波乱万丈と言えばこの方の人生も、その言葉にぴったりです。 もう生い立ちからして、波乱に満ち満ちた歌手、美川憲一。 すい星のようにデビューしたかと思えば、ヒット曲が途切れて大麻に手を出し逮捕されるなど、歌手人生も波乱万丈そ...
波乱の人生

中居正広はテレビに復帰したが体調は本当に万全で盲腸癌は大丈夫なのか?

いま、日本中の中居正広ファンが、かたずを飲んで見守っているのは、彼の病状でしょう。 本当に心配ですよね。 中居正広は2022年11月4日に1カ月間の活動休止を発表します。 しかし、復帰を果たすことができず12月2日...
波乱の人生

中村吉右衛門「どうしても死にてえのなら、一年後にしてごらん」鬼平のセリフが泣ける!

中村吉右衛門さんが演じた鬼平犯科帳には数々の名言が登場します。 「死ぬつもりか。それはいけねえなあ。どうしても死にてえのなら、一年後にしてごらん。 一年も経てば、すべてが変わる。人間にとって時の流れほど、強い味方はねえものよ」 ...
波乱の人生

杉良太郎のボランティア活動は本物だ!ベトナムにいる養子の人数が驚き!

流し目で一世を風靡した杉良太郎ですが、彼の人生は叩き上げ芸能人に多く見られる波乱万丈とは少し趣が違います。 彼は1944年8月14日、神戸市に生まれました。 今年78歳になったのですが、若いですよね。 とてもそんな...
波乱の人生

さんまが笑福亭から明石家になった理由とは?笑いの原点は小学生時代にあった!

明石家さんまには実の母親の記憶は、ほぼありません。 だが3歳の時、犬にかまれた記憶は今も鮮明です。 病院で細い腕を二針縫うほどの怪我でした。 その日は、なんと亡き実母の葬式の日だったのです。 母とつながる思い...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました