オンラインビジネスで1,000万円稼ぐ15のマインドセット

オンラインビジネス オンラインビジネス

オンライン、オフラインに関わらずビジネスで成功するには、正しいマインドセットが不可欠です。

 

正しいビジネスマインドを持たなければ、あなたは一生ノウハウコレクターで終わってしまいますよ。

 

それで良いと思っている人は誰一人いないはず。

だが、教えてくれる人がいないから分からない。

 

今、ここでしっかりとビジネスで成功するマインドセットを胸に刻み込みましょう。

1,000万円稼ぐための、15のマインドセットを詳しく述べます。

 

ブログのテーマである

『あなたの夢も、きっと叶う!』

必ず一緒に叶えましょう。

成功のマインドセットを学べば、人生が変わる

ハート

ビジネスで成功するにはマインドセットが大事だ。

これは成功者に100%共通した認識です。

 

成功のマインドセットなしに、ビジネスの成功者にはなれない。

それほどまでにマインドセットは、成功の成否を分ける。

 

これから述べる成功のマインドセットを丸暗記してください。

きっとあなたも成功者への道を歩めます。

 

まずは、100円を稼ぐ

これはとても重要です。

確実に実行してください。

 

たかが100円と笑うなかれ。

100円を稼げない者が、100万、1000万など、夢のまた夢。

 

人には実績が必要です。

小さな成功体験の積み重ねが、自信になります。

 

100円は実績です、小さな成功体験です。

私はGoogleアドセンスで最初に稼いだ金額が、1日56円だったと記憶している。

 

「おおっ、ホントにお金が稼げる、Googleで」

と喜びがこみ上げたものです。

 

3週間目くらいで1日2,200円を稼いだ時は、天にも昇る思いでした。

ヤフーの規約改定でPPC広告がとん挫してから、約1年経っていました。

 

やり続ければ、きっとオンラインで大きく稼げるようになる。

そんな自信が生まれてきました。

 

あなたも100円でもよいから実績をつくり、成功体験を積み重ねてください。

オンライン、オフラインにこだわる必要はありません。

 

一番金になることからやる

ビジネスを始めようとあれこれ考えているうちに、商品のアイデアが幾つも浮かんでくる人がいると思います。

そんな時は、迷わず一番金になるものから始めてください。

 

前にも書いた通り、商品は壁であり、お金を稼ぐ手段やツールなのです。

商品にこだわってはいけません。

 

まず、お金になるものを売って成功体験を積み、他に売りたいものがあればその後にじっくり取りくめばよいのです。

 

計画50% 発見50%

いくら計画を綿密に練っても、お客さん相手のこと。

後々、修正を余儀なくされるものです。

 

お客さんの声を聴き、市場のニーズを確かめながら、商品に改良を加えるのが本来のやり方です。

世界のトヨタやGoogleでさえも最初から完ぺきな商品は作れません。

 

そもそも、地球上に完ぺきな商品など存在しません。

いろんな声を吸い上げ、発見しながらビジネスを進めてください。

 

短期的にはネガティブ、長期的にはポジティブ

ネガティブな思考は人を幸せにはしませんが、ビジネスを立ち上げる時は慎重さも必要と言う意味です。

 

最初の挑戦は誰でも不安なものです。

あうなったらどうしよう、こうなったらまずいよ。

そんな不安を押し殺してまで、無理にポジティブでいることはない。

 

しかし、長期的には必ず成功するんだと、ポジティブな展望を持つことによって、ビジネスは成長していきます。

成功の思考が醸成されていけばしめたもの。

 

一度や二度失敗しただけで

「どうして失敗ばかりするのだろう」

と落ち込んではいけません。

 

「どうしたら成功できるのか」

その発想に切り替えることがとても大事です。

 

例えばここに、自分はなぜ女にもてないのかと悩んでいる男がいる。

Googleで『女にもてない理由』と検索する。

 

出てくるは出てくるは。

・爪が汚い

・清潔感がない

・ファッションセンスがない

・ケチでお金に細かい

 

などなど。

これでは気が滅入ってしまいます。

 

この思考を180度変えるのです。

どうしたらモテるようになるか?

 

この思考に生活スタイルを変えるだけで、今まで見逃していたモテるための具体的な方法を発見することができます。

 

ビジネスも同じ。

どうして失敗ばかりするのか?ではなく、成功するには何が必要か?どうしたら成功できるか?

に思考を切り替えましょう。

 

あなたの探していたものが、意外なところにある事に気が付くはずです。

これが、ポジティブな思考です。

 

成功の確率は20%

リリースする商品すべてが採算ラインに到達する、企画がことごとく大当たり。

そんなことはビジネスの世界ではあり得ません。

 

5個企画して、うち1個が成功する。

その確率があれば大成功です。

 

食品を扱う市場関係者から、こんな話を聞いてことがあります。

「農産物の輸入は1勝10敗で十分儲かる」

 

これを話してくれた方は、果物の輸入に精通していました。

もう、15年も前ですから少し古いかも知れませんが、参考にはなると思います。

 

古くはレモン、バナナ、ナタデココなどの輸入で大儲けした人や企業がたくさんあります。

それ専門の業者は11個の品目を輸入して、1個当たれば一生食うに困らないほど稼げるのだと言うことです。

 

ケンタッキー・フライド・チキンは全世界125ヵ国で2万店舗近くのフランチャイズを展開する、世界有数のファーストフードチェーンだ。

 

この創業者が有名なハーランド・デーヴィッド・サンダース

親しみを込めて、『カーネル・サンダース』『カーネル大佐』と呼ばれる。

 

圧力釜を使った独特のフライドチキンを売り込むため、全米を車で駆け回ったサンダース。

何と、1009軒もの店に断らっれたのだった。

 

どこへ行っても「NO」、「NO」、「NO」、「NO」の嵐。

昨日も「NO!」、今日も「NO!」。

 

しかし諦め、と言う言葉は彼の辞書にはなかった。

1010軒目でついにサンダースのノウハウを認め、フランチャイズ契約を結ぶ店舗に出会った。

 

こうして世界初のフランチャイズビジネスはスタートしたのだが、さらに驚くことはハーランド・デーヴィッド・サンダース(本名)は、この時65歳だった。

 

夢はあきらめなければ必ず叶う。

 

私たちのお客さんは初心者だ

情報商材などのサービスは初心者をターゲットにして下さい。

どの分野でも初心者は次々に生まれ出ます。

 

ある程度ビジネスに成功した人は、中級者や上級者狙いに転ずることが多いのです。

この人たちの教える言葉は難しく、初心者にはついていけません。

 

初心者向けに小学生でもわかる言葉で、説明してあげることを心がけましょう。

情報商材の分野に限らず、ダイエット食品など物販でも初心者は常に存在し続けます。

 

今こうしている間にも毎分毎秒、初心者のお客様が増えています。

上級者向けの難しいビジネスを行うのではなく、最もパイの大きい初心者に向けてビジネスを行った方が、確実で簡単に利益が出せるのです。

 

従業員マインドから、企業家マインドへ

時間を切り売りして対価を得るのが勤め人。

時間さえ働けば収入を得られると考えるのが、従業員マインド。

 

企業家はそうはいきません。

時間とは関係なく、結果で報酬を得るのが企業家マインドです。

 

『働く』『仕事』ではなく、『事業』『ビジネス』の視点、思考がビジネスマインドです。

気をつけてください『フリーランス』は企業家マインドではありません。

 

時間と労働を切り売りするのが、フリーランスです。

相手次第である立場は常に受動的です。

 

企業家はすべてにおいて能動的、主体的でなければなりません。

そこが決定的に違うのです。

 

フリーランスは組織内での労働から、個人労働に変わっただけで中身は全く変わりません。

カタカナ語の響きは曖昧で惑わされる方が多いようです。

 

やる人から終わらせる人へ

労働者は

「今日は8時間やったから」

で給料がもらえます。

 

結果だけで勝負しなくてはいけない企業家は、区切りが求められます。

「今日はこれを終わらせた」

「今日はこれを完成させた」

 

このマインドなくして、成功はあり得ません。

 

失敗はない、必ず成功する!

失敗とは成功の途中です。

これは必ず、肝に銘じてください。

 

誰だって失敗はするもの。

あの、天才・エジソンだって幾度となく失敗を繰り返しながら、伝説の発明王となったのです。

 

「失敗は成功の母である」

エジソンは、あなたのためにあまりにも有名で、有難い言葉を残してくれました。

 

あなたは、きっと、必ず成功します。

私と一緒に必ず成功するのですから、失敗は成功の途中でしかないのです。

 

大きな失敗でも、小さな失敗でもメルマガやブログのネタになります。

あなたが将来、教える立場になった時、必ず役に立ちます。

 

失敗のない人の話は面白くありません。

心に響きません。

 

失敗談は人の心を捉えます、親しみを感じさせます。

失敗を繰り返した人の話は他人の役に立つから、感動を呼ぶのです。

 

他人に与えた10分の1が自分の価値

分かりやすく言えば、相手に100万円儲けさせたら、あなたが10万円もらう資格がある。

10万円もらったら、100万円儲けさせるか100万円分楽しませる。

 

現在の日本は物が溢れています。

金さえ払えば、良い製品がいつでも手に入ります。

 

そんな中で求められるのがエンターテインメント性だ。

お客さんは、ただ単に商品が欲しいだけでなく、刺激を求めています。

 

エンターテインメントと刺激が、これからのビジネスに欠かせないキーワードです。

報酬の10倍の価値を与える、それが恒常的に成功を続ける秘訣です。

 

すべてはテストだ

新商品を発売するのも、新しい企画に挑戦するのもすべてはテストだ。

日常からその感覚を持てば、失敗にめげることはありません。

 

売れない商品への見切りも早くできます。

すべてがテストと思えば大胆にもなれるし、一つのものへのこだわりもなくなります。

 

うまくいかないことはすぐやめる、うまく行ったことだけを続ける。

これは、分かっているようでなかなか難しいものです。

上手くいかないことに拘泥せず、さっさと切り替えましょう。

 

商品は壁、ツール、手段に過ぎません。

あなたが売るのは、商品ではありません。

 

あなたが売るのは、お客様の満足です。

お客様の抱える悩みや問題を解決して未来を楽しく、明るくするするための手段、ツールが商品なのです。

 

正しいことにこだわるな、完璧はない

正しいことにこだわり過ぎると迷路に迷い込みます。

そもそも、何が正しいかは人それぞれの価値観によって変わります。

 

殺人は悪い事だが、戦場では敵を殺すと英雄だ。

一部の不届き者が不正を行ったからと言って、FacebookやGoogleがプラットフォームをたたむだろうか。

 

事件に使用されたからと言って、包丁屋さんが包丁づくりをやめたらどうなるだろうか。

正しさ、完璧を求めるより、今より少しでも良くなることをやるべきなのです。

 

例えば、あなたが初心者の一歩先を行っているなら、それはコンサルの対象になります。

まったくの初心者は、一歩先を行くあなたの知識や実行力が欲しいのです。

 

コンサルは完ぺきな商品知識がないとできない。

経済学や心理学をマスターしていなければできない。

 

経済学者の話は難しすぎて素人には理解できません。

心理学の専門家は、専門用語が多すぎて普通の人にはちんぷんかんぷん。

 

あの人はあゝだから、この方はこうだから、とそんな他人軸で物事を考えるのはやめましょう。

自分が今何ができるのか?

他人に少しでも提供できるものがあったら、一歩踏み出すべきなのです。

 

計画よりも行動が10倍学べる

今はスピードの時代。

インタネットのさらなる普及によって、スピード感は一層増します。

 

計画ばかり練っていては、まさに計画倒れになりかねません。

実行することによって、10倍学べます。

 

すべては自分の責任

失敗を他人のせいにしていると、真の失敗の原因が見えなくなります。

すべては自分の責任、これは企業家マインドに欠かせません。

 

それを自覚するとあなたの心の何処かで、きっと覚醒するものがあるはずです。

この15のマインドセットを暗記して、習慣化できると成功は間違いありません。

 

つねに目につくところへ紙に書いて貼っておくと、早く習慣化されます。

 

只今、WordPress・ワードプレス導入まで

マニュアルを無料で配布中です。


レンタルサーバーとの契約手順から、独自ドメインの取得方法、

ワードプレスの導入・設置までを詳しくわかりやすく解説しています。

興味ある方は下記からどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました