スポンサーリンク

アフェリエータは教材販売で稼いでいる!知らないと大損する仕組みとは?

ビジネス

稼ぐアフェリエイターは何を売って儲けているか、あなたには分かりますか?

それを知らずに多額をつぎ込み教材を買い漁ったり、高額塾へ入ってもあなたは稼げませんよ。

 

ちょこっとアフェリエイトを知った気分にはなりますが、ただそれだけ。

稼げないノウハウコレクターを続けるか、ネットビジネスからサヨナラするかしかありません。

 

特に『社畜』を連呼する販売者と関わってはダメ。

これまでどんな環境にいようが人生に役に立たない経験はありません。

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ

アフェリエイターは何を売って稼いでいるか?『社畜』を連呼する販売者を信用できるか?

魚の群れ

あなたがアフェリエイトまたはネットビジネスに興味を持った理由は何ですか?

『お金を稼ぎたいから』ではないでしょうか?

 

それこそが最大の目的であるはずです。

ならば、競争相手が少なく、誰でも稼げる大きな市場を目指すのは当たり前のことですね。

 

すでに過当競争でアルゴリズムのアップデートなどに大きく左右される不安定な市場より、ニーズが多く変化の少ない、安定した市場へ参入することが成功の秘訣です。

 

長い間試行錯誤を続け、最近ツイブラを販売してみて、私はようやくこの事実が実感できました。

ですから、私はあなたにこの事実を是非とも知ってもらいたいのです。

 

数年前、グーグルアドセンスを教わった講師から「教材を売らなければ稼げないよ」。

そう言われたのに私は、事実に気付けなかったのです。

 

普通は「初心者に教材など売れるわけがない」そう考える人が圧倒的に多いと思います。

私も長い間、そう思い込んでいました。

 

だから皆な競って物販に走るのです。

その結果、競争が激しく狭き門になるわけですね。

 

ごく当たり前の論理なのですが、これに気が付くアフェリエイターは残念ながらあまりいません。

教材販売者もその事実を知ってか知らずか、教える人はとても少ないですね。

 

アフェリエイト教材や情報商材など『自分は売れない』と思い込んでる初心者や物販アフェリエ―ターが圧倒的に多いから、市場はガラガラのブルーオーシャン状態。

 

あなたのようにアフェリエイトやネットビジネスに興味を持つ人は、今後ますます増える一方です。

決して減ることはないから、情報教材市場も拡大の一途をたどります。

 

しかし、情報教材がいくら売れると言っても、20万円も30万円もする高額教材では簡単にアフェリエイトできません。

やはり、手掛けるならリーズナブルなものが良いでしょう。

 

さて、核心に触れるその前に、イヤらしいですね『社畜』なる言葉。

あなたは、三流、四流のアフェリエイト教材販売者が使う『社畜』を、何度も目にしたとがあると思います。

 

この言葉の使い方でイヤらしいのは販売者本人のサラリーマン時代のみならず、世のサラリーマンをすべて『社畜』で一括りにしたニュアンスを持つところですね。

 

世間の人々や労働者に対するリスペクトが露ほども感じられない、品のない言葉です。

サラリーマン抜きに社会の人々の生活は成り立たないことが分からないのでしょうか?

 

教材販売者の必需品であるパソコンもスマホも、日用品からインフラまで、ありとあらゆるものはサラリーマンが製造、販売に深く関わっています。

 

そして何よりも、自分の仕事にプライドを持ち、情熱を注ぐサラリーマンがたくさんいるのに一括りで『社畜』呼ばわりなんて、社会の仕組みを分かっていない、かなりお粗末な発想です。

 

確かに世間にはブラック企業は存在します。

私も若いころ経験しました。

 

日曜日も仕事、ひどいときは夜の9時、10時まで営業。

ゴールデンウイークなんて関係なし。

 

だが、そんな環境で苦しむ人を社畜なんて酷い呼び方をしなければモノを売れないのか?

そこまでして、人の心をもてあそびたいか?

 

劣悪な環境から抜け出したい人、独立したい人がたくさんいるのは事実です。

けれども、人の尊厳を傷つけ、心をかきむしらなければ売れないなんて、社畜以下ですよ。

 

この言葉を連呼する教材販売者には社畜ではなく、『鬼畜か?』と言ってやりたいくらいだ。

他にもいますよね。

 

生活が苦しくて自殺未遂を繰り返した、恋人と別れた、離婚した、借金で一家離散の悲劇に見舞われた、父が失踪した、実家の家業が倒産した。

 

母子家庭で貧乏のどん底だった子ども時代、というのも多いですね。

母子家庭育ちの厳しさは分かりますが、でもなぜか父子家庭が出てこない不思議。

 

中には事実もあるでしょう。

けれども、こんな話をあえて引っ張り出すのは、計算し尽くした理由が隠されているからです。

 

聞き手、読み手の同情を買って、自分の話に引き摺り込むためのトークであり、文章なんですよ。

読者や視聴者を自分側へ巻き込むテクニックです。

 

「この人も失敗したことがあるんだ。苦労したんだ。自分と同じ人間なんだ」

同情を誘い、安心感と親近感を植え付けるのです。

 

「この人が出来たのなら、自分だってできる」

そう思わせるのが目的であり、事実そのように心を動かされた客はかなりの割合で購入してしまいます。

 

度が過ぎた驚きの話もあります。

「自分が貧乏だったせいで、恋人が自殺してしまった」

こんなことをウリにする輩まで登場します。

 

恋人が愛しかったら、本当に好きで愛情があったのなら、切なくて、悲しくて、やり切れなくて、思い出すたびに涙がこぼれて、そんなこと商売に利用できるかって話です。

 

でも人はこんなトリックに簡単に引っかかるんですよね。

私もコロッと騙されたことがあります。

 

だが、ハッキリ言います。

このような事を平気で言える教材販売者が本当のことを教えてくれると思っているなら、あなたは甘すぎます。

 

トリックの裏を知った最近は、この手の売り込みに騙されるどころか簡単に見抜けます。

そして、アフェリエイト業界には驚くべき真実があります。

 

 

先ほど簡単に述べましたので、賢いあなたならすでに気づいてると思います。

そうです、あなたの考えている通りです。

 

首をかしげる女

 

大金を稼ぐアフェリエ―ターは物販で稼ぐのではなく、『情報教材』を売って大きく稼ぐのは常識中の常識なんです。

 

:『情報〇材』ではなく『情報教材』と書くのには理由があります。

『情報〇材』はあまりGoogleから好かれていないようです。

Googleだけでなく、メルマガの到達率も悪くなるようですね。

 

この真実がわかると、あなたの進むべき道も自ずと見えてくるはず。

勿論、物販で稼ぐ方もいますが割合から言ったら、情報教材販売組が圧倒的に多いのです。

 

そして同じ教材を買うなら、社畜などとさげすみの言葉を使わない、まともな考えの主から買った方が、アフターケアもしっかりして何かとプラス面が多いもの。

 

仮に自分が売る立場になっても、堂々と正当な手段で売れるものを選ぶべきです。

確かに、人の感情を刺激しなければモノは売れません。

 

ブログやメルマガで自分の失敗談や不遇の過去、貧乏生活を書くのはアリです。

読み手に安心感を与え、親しみを感じさせるには良い方法です。

 

特にあなたの失敗談は必ず誰かの役に立ちます。

多少の誇張も容認しましょう。

勢いで話を盛ってしまうなんて、誰だってあることですから。

 

だが、これは自分を卑下して同情を買うとか、他人の職業けなして心をかきむしるのとは全く違う次元の話です。

 

他人や自分を辱めておいて、裏で舌を出すようなマネはしたくありませんね。

アフェリエイトは本来もっと堂々とやるべき仕事です。

 

同情を誘うために話を捻じ曲げ、他人の職業をさげすまなければ売れないなんて、何だかやりきれないくて悲しいですね。

 

自分が言うほど実は実績がないとか、自信をもって売れる商品でないから情けないアピールになってしまう面もあるのでしょう。

 

誰かのつくった話や数字にいつまでも惑わされていないで、真実を知って『稼げる人』に今すぐ、方向転換してください。

 

あなたにも、私にも夢がある。

夢はあきらめなければ、必ず叶う!

 

ツイブラは何故、稼ぎやすいと断言できるのか?

教材販売者がツイブラを続々買う理由とは?

 

もし、ツイブラをもっと早く、詳しく知りたい方は下記へアクセスしてください↓

 

タイトルとURLをコピーしました