スポンサーリンク

アフェリエイト塾や教材販売者にダマされていませんか?稼げない理由は?

ツイブラ

アフィリエイトに初挑戦する人の実に70%以上が、1年以内に離脱してしまいます。

そして、1年以内に10万円以上稼げる人は0.5%に満たないのです。

 

この事実を突き詰めていくと、逆にアフィリエイトで稼ぐ方法も自ずと見えてきます。

稼げないアフィリエイターが多いから、稼げる方法を求めて次々と塾や教材を渡り歩く。

 

そうです、高額塾や薄っぺらな内容の教材が飛ぶように売れるのは、それが大きな理由なんです。

私自身がその悪循環にハマり、これまで多額の金銭をつぎ込んでいるので間違いのない事実です。

 

しかし、その甲斐あって私はついに発見したのです。

アフリエイト塾が初心者をだますパターンを。

これぞ、ノウハウコレクターの執念。笑

 

大枚を稼ぐアフェリエ―ターはどんなことをしているか?

何を売って稼ぐのか?

 

この真実が分からなければ、あなたは永遠のノウハウコレクターで終わりますよ。

先ずは教材販売者のだましパターンを見てみましょう。

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ

アフィリエイト塾が初心者をだますパターンを発見!

グラフ

『パソコン初心者の主婦が、わずか4か月で30万円』

『才能なんて関係ない、これさえわかれば月100万円稼げる超簡単裏技』

 

などなど、勇ましい言葉が並ぶメールマガジンがほぼ毎日のように届きます。

中には、こんなものもありますよ。

 

『9年連続1億円をネットで稼ぎ続ける男の特別企画』

特別企画なんて大方、5年、10年、20年などの節目にやるものと相場は決まっている。

 

来年で10年連続の節目到達なのだから、待てない理油が何かあるのでしょうか。笑

冷静に読むとけっこう面白いキャッチコピーや首を傾げたくなる見出しもあります。

 

だが、欲に目がくらんでいると前のめりになってしまい、『儲かる』『稼げる』だけの文字が脳裏に焼き付いてしまうのです。

 

自分自身が引っかかって思わず買ってしまったもの、買わなかったが興味惹かれたものをもう一度振り返ってみました。

 

するとそこには大きな共通点がりました。

パターン化されているのです。

 

まず、メルマガで自分の商品に誘導し、最終的にはセールスレターでクロージングをかける。

これがアフィリ塾や教材の売り込みパターン。

 

そして、セールスレターで獲物を罠に誘い込む手法にもパターンがあったのです。

調べてみると人を罠に追い込むこの手法、実は仮面ライダーとかウルトラマンの時代に確立されたのだという。

 

現在ではドラえもんやアンパンマンなどにもこの手法は採用されています。

このパターンを具体的に説明すると次のような順序で話は進むのです。

 

<キャッチコピー>

ヒーロー〇〇はこうして悪役をやっつける!

<平凡な日常>

まずは、平穏ないつもの日常が描かれる

<トラブル発生>

突如、敵が襲ってくる場面が描かれる

<状況を挽回するアイテムや人が現れる>

例えば、その敵を特殊光線でやっつける。

<またまたトラブル発生>

やったーー!!!と思ったらおお~~~っとラスボスが登場!

マジヤバイぞ、本当に死ぬかも

でも大丈夫、最後はみんなの力で大逆転だ。

<トラブル解決>

そしてまた平穏な日常を取り戻す、という流れ。

これがセールスレターの一つの型です。

 

それでは、情報商材の販売に当てはめてみましょう。

 

<キャッチコピー>

・1日5分で月30万稼いだ方法教えます!

<平凡な日常>

・実は半年前まではごく普通のサラリーマンでした。

<トラブル発生>

・実家が倒産して山のような借金が。なんでこんなことに!!

・なんとかしようと努力するも上手く行かない。

<状況を挽回するアイテムや人が現れる>

・amazonのせどりをやってみると月数万の利益が!!

<またまたトラブル発生>

・そしたらまさかのAmazonで垢バン!!

(垢パンとは、アカウントが凍結され、使用不可になること)

<トラブル解決>

・アドセンスで簡単に儲かる方法を教材で知る。

やった~!と思ったらGoogleのアルゴリズムの変更で、サイトがすべて圏外へ吹っ飛ぶ。

もうだめかと失意のどん底に。

アフィリエイトの先端を行くFaceBook広告を師匠から教わり、安定した生活を得られる。

 

<そして平穏な日常に>

・今では1日5分の作業で月30万を軽く稼いでいます。

 

という感じかな?

どうですか、あなたも覚えがありませんか?

私が最初塾に入ったのは、まさにこの手法に引っかかったからでした。

 

ただし、あなたが正統なオンラインビジネスを展開するうえでも、とても役に立つ手法です。

覚えておいて損はありません。

 

このパターンに加えて、嘘つきも多いですね。

教材販売者や偽コンサルには。

 

1昨年、こんなことがありました。

『アドセンス専門コンサル』と名乗るFなる男からメルマガが来ました。

 

76歳になる自分の母親にアドセンスを教えたら、取り掛かって3ヶ月目には売り上げが10万円を超えたと書かれている。

数字入りで3ヶ月の売り上げの推移も載っていました。

 

パソコンもろくに使えない、年老いた自分の母でも出来たのだから、誰でも簡単に3ヶ月で10万円を確実に稼げる方法を教える。

 

そんな内容でした。

「おお、すごいなあ、これは自分もできるかも」

と単純な私は、一度はFに弟子入りしようと考えました。

 

しかし、なぜお母さんなのか?他に稼げるようになった弟子はいないのか?

そこに引っかかりやめました。

 

私はそれから約4か月後に100記事を載せたブログでアドセンスの規約をクリアしが、実はそこからが結構大変なのです。

 

審査を通過するといつでもブログにアドセンスタグは貼れます。

だが、タグを貼っただけでは広告は載りません。

 

まず、申請者が実際に登録した住所に住んでいるかどうかGoogleからの確認があります。

これがとても長い時間を要する。

 

詳しいことは忘れたが、メールに4桁の番号が送られてきて、それをgoogleアドセンスサイトのどこかに入力する。

 

これでメールアドレスが本人のものであることが確認される。

そして次はいよいよ住所確認のエアメールが届く番なのですが、これが私の場合20日以上もかかりました。

 

届いたエアメールには6桁の数字が書かれていて、それをまたGoogleアドセンスのサイトに入力する。

 

数字が正しければ、最後が銀行口座の確認。

登録した口座にgoogleから67円振り込まれて、その金額をやはりアドセンのサイトに書き込む。

 

金額は人によって違い、30円くらいから100円の間だったような気がする。

ハイ、この金額を正確に記入できれば、ようやく広告が載り、そこから晴れてアドセンスがスタート。

 

私の場合、googleに申請してから終了まで、手続きすべてに要した時間が約1ヶ月半。

記事を書くのに要した期間はもちろん別です。

 

あの、Fとかいう男のお母さんは、よ~い・ドンでアドセンスを始める前日に、たった1日で30記事書き挙げたのでしょうか?

 

だとしたら天才を超える、異才、鬼才どころか神がかりのお母さまでいっらしゃいます。

神がかりの母親を持つ人とは懇意になりたくない。

 

グーグルアドセンスは記事を書き、全ての手続きが終了して広告が貼られるまでには、どんなに速くても2ヶ月は必要です。

 

3ヵ月を要するのはごく当たり前で、長い人は半年もかかります。

やはりコンサルを受けるのはやめて正解でした。

 

『パソコン初心者でも簡単』で誘う塾や教材も数多く目にしますが、これは本当に要注意。

私の経験からすると独自のシステムを開発しているところで、設定がかなり難しいところもあります。

 

そんなに難しいシステムでなくとも、不慣れな初心者には手間がかかり難関だ。

PCの設定段階で心が折れてやめてしまう人が多いようです。

 

今はいろんなツールがあって、画像や数字などいくらでも改ざんできます。

売り上げのグラフや数字をそのまま信用すると痛い目に遭いますよ。

稼ぐアフェリエ―ターは何を売って100万円以上稼ぐのか?

アフェリエ―ターは何を売って稼ぐのかと言えば、答えは簡単『アフェリエイト教材』です。

アフェリエイト教材で稼ぐ人は、物販よりもはるかに多いのですよ。

 

「教材を売るなんて。そもそもアフェリエイト教材なんて自分はつくれない」

あなたはそう思ってでしょう。

 

それは当然ですね。

月1万円稼ぐのに四苦八苦しているアフェリエイターが、まともな教材を作れるわけはありません。

 

でも、心配はいりません。

実績がなくとも簡単に販売できる教材があります。

 

これなら、間違いなくあなたも売れます。

私は実際に販売してすでに売り上げが出来ています。

 

6月に始めて、初成果は8月18日。

その後は毎月売り上げています。

 

これについては、後ほど詳しく説明します。

その前に騙されずに優良教材を選ぶ方法を考えてみましょう。

 

教材販売者の常とう句はたくさんありますね。

誰が言い始めたのか知りませんが、似たような落とし文句が並びます。

 

『生活が苦しくて自殺未遂を繰り返した』『恋人と別れた』『離婚した』『借金で一家離散の悲劇に見舞われた』『父が失踪した』「実家の家業が倒産した』。

 

『母子家庭で貧乏のどん底だった子ども時代』というのも多いですね。

母子家庭育ちの厳しさは分かりますが、でもなぜか父子家庭は出てきませんね、不思議だが。

 

中には事実もあるでしょう。

けれども、こんな話を販売者が必ず言うのには、計算し尽くした理由があるからです。

 

聞き手、読み手の同情を買って、自分の話に引き摺り込むためのトークであり、文章なんですよ。

読者や視聴者を自分側へ巻き込むテクニックですね。

 

「この人も失敗したことがあるんだ。苦労したんだ。弱いところがある自分と同じ人間なんだ」

同情を誘い、安心感と親近感を植え付けるのです。

 

「この人が出来たのだから、自分だってできる」

そう思わせるのが目的であり、事実そのように心を動かされた客はかなりの割合で購入してしまいます。

 

度が過ぎた驚きの話もあります。

「自分が貧乏だったせいで、恋人が自殺してしまった」

 

こんなことをウリにする輩まで登場します。

何て恥知らずな男だ。

 

恋人が愛しかったら、彼女が死を選んだことを本当に悔やむなら、切なくて、悲しくて、やり切れなくて、思い出すたびに体が震えて、そんなこと商売に利用できるお前は一体何者だってこと。

 

でも人はこんなトリックに簡単に引っかかるんですよね。

私もコロッと騙されたことがあります。

 

経験がない初心者には良い教材かどうかを見極めるがとても難しく、つい上記のようなパターンに騙されてしまうのは仕方のないことかもしれません。

 

平穏、平凡な日からどん底に落ちるパターンは人間の心理をとてもよく研究しています。

人間は自分より下に落ちた者に対して、優越感を持つと同時に気を許してしまう。

 

人は一度気を許した相手の話は、すべて肯定的にとらえる習性があるのだと言います。

だからその後、どん底を這いあがって月100万円稼いでいると言われると「オー、そうか、凄いなこの人」となる。

 

前章でも述べたように、この習性を巧みに利用して教材を売りつけるのです。

一時は母子家庭育ち、ウツ病に悩んだ過去などが多かったのですが、最近やけに目に付くのが『鬼畜』と『サラリーマン時代、とても酷いパワハラに合っていた』です。

 

真偽入り乱れていろいろですが、どん底→再起パターンは信用できない場合が多いです、実際。

だから、そんな同情を引くようなパターンとは無縁の人から買う教材は良いものが多いですね。

 

何故なら、実績十分だから今さらどん底時代を強調して同情を引く必要もなく、ましてや騙して売らなければならない理由など、どこを探してもありませんからね。

 

むしろ実績を積んだ人はネット上での評判の怖さを良く知っています。

だから、人をだます確率は非常に低くなります。

 

あと、多くの教材販売者に共通しているのが『簡単に楽して稼げる』と言っていたのに、いざ教材を買うと「寝る間を惜しんでやらなければ売れない」になっていることです。

 

同情を引かなくとも、過去のどん底を強調しなくとも、ましてやウソ八百を並べなくとも、すごい勢いで売れているのが『うイブラ』です。

 

次の章では初心者が取り組みやすく、結果も出やすい『ツイブラ』について述べます。

ツイブラがおすすめの理由は、初心者でも売る商品に困らないから!

商品

冒頭で次のように書きました。

1年以内に10万円以上稼げる人は0.5%に満たないのです。

この事実を突き詰めていくと、逆にアフィリエイトで稼ぐ方法も自ずと見えてきます。

 

ASPの担当者と電話で話した時に言っていました。

物販のサイトアフェリで100万円稼ぐ人も少数ですが、間違いなくいます。

 

ただ、そのような凄い人でも最初の1年目は全く稼げなかったケースが多いようです。

月1万円稼ぐようになるまで、平均2年はかかるとも言ってました。

 

稼ぐ人はやはり並みの者には分からない努力をしているのです。

それでも、稼ぎは安定しません。

 

Googleのアルゴリズムのアップデートで稼ぎ頭のサイトが圏外に吹っ飛ぶなど、最近は日常茶飯事に起こります。

 

詳しくは言えませんが、一つのサイト、一つの商品で月300万円超を売り上げたが、それも半年後には吹っ飛んでしまった人も知っています。

 

皆さん、結構苦労しているのですよ。

そのような人の多くは、過去の実績をぶら下げて教材を販売する側に回って稼いでいます。

 

さて、ツイブラですね。

ツイブラの販売者はみのごりさんで、この方はもう実績が十分ですから、同情を引く必要もなければ嘘をつく理由もありません。

 

ツイブラは実際売れます。

私も6月から実践しています。

 

初成果が出たのは、約2か月後でした。

寝る暇を惜しんでシャカリキになって疲弊して・・・・・などとは縁遠い方法です。

 

私はツイッターとブログだけで8月以降は毎月売れ上げています。

これにメルマガを加えるとおそらく、十倍以上の売り上げは期待できると思います。

 

12月7日に【システムアフィリプロジェクト2.0】に参加して、メルマガをもう一度学びなおします。

そして、すぐにメルマガを始めます。

 

このプロジェクトは凄いですよ。

Webセミナーですが、完全無料‼

 

「メルマガってどうやって始めたら良いの?」

「どうやってお金を稼ぐの?」

 

「メルマガで話すほど、凄い実績もスキルも何もない…。」

なんて誰もが思ってる疑問から、

 

「そもそも、メルマガって何?」

なんて、今さら聞けない悩みまで、あなたの全ての疑問を解決してくれるプロジェクトです。

 

もう一度言いますが、このプロジェクトは完全無料。

でも無料だと思って侮るなかれ。

 

その辺の中途半端な教材や、怪しい塾なんて相手にもならないほど、高いクオリティの内容が無料で手に入ってしまいます。

 

このプロジェクトは半年に一回しか開催されていませんが、そのクオリティは回を重ねるごとにどんどん進化しています。

 

巷に溢れてるような、さんざん期待だけ持たせて、

「本当のノウハウは購入してね」ってキャンペーンとは本質的に違います。

ノウハウ全出しです。

 

私は今年の6月にもこのPJに参加しています。

メルマガの凄さは分かっているのですが、何故か踏ん切りがつきませんでした。

 

だが、ツイブラが売れると分かったのですから、やらないと言う選択肢はありません。

今度は本気でやります。

 

ツイブラと【システムアフィリプロジェクト2.0】は大いに関係あります。

どうしてかというと、ツイブラはツイッターでメルマガの読者を集める方法を教えるのが基本です。

 

私はそのリスト取りはせず、ただツイブラについてつぶやくだけで売り上げてを作ったのです。

ですから、メルマガを始めたら何倍も売り上げを増やせることが予想できるのです。

 

こちらから登録すると無料で参加できます。

締め切りが迫っていますので、迷わず登録してください!

 

初心者にとってツイブラの最も素晴らしいところは『ツイブラのアフェリエイト権利』です。

ツイブラを購入すると『ツイブラのアフェリエイト権』が付いてきます。

 

これを販売すれば、すぐに元が取れますよ。

何せ、2本売ると元が取れるように報酬が設定されていますからね。

 

やり方は簡単です。

自分のツイッターアカウントにあなた専用のURLを張るだけ。

 

そのURLにアクセスしてきた見込み客に対しての売り込み、教育などは、ツイブラの発案者&販売者である『みのごり』さんがすべてやってくれる仕組みです。

 

これって初心者にとって凄く有難く心強い話ですね。

大丈夫です。初心者のあなたにも、問題なく簡単にできますから。

 

自分で売る方法もありますが、初心者のあなたには声を最大限にしてこの『みのごりさん』に任せる方法をすすめます。

 

商品がない、売り込みが苦手、メルマガもない等、ネットビジネス初心者の悩みはほぼすべてこれで解消されます。

 

しかも、報酬は販売価格の50%です。

何度も言いますがネットビジネスで月100万円以上稼ぐ人の多くは、情報教材を売って稼いでいます。

 

実際に稼いでいる人のメルマガやブログを読むと簡単にわかる事なのに、物販に意識がとられているとなかなか気付かないのです。

 

実際に教材販売当事者から、教材の販売を手伝えと何度も誘われたことがあります。

だが、今一つ乗り気になれなかったのです。

 

私はツイブラを購入し、そして実際に売ってみて、ようやくその真実が飲み込めたました。

気付くのが遅すぎましたけど。

 

フォロワーの数が少なくとも、全く問題ありませんから安心して取り組んでください。

Twitterを今までやったことがなくても大丈夫ですよ。

 

その辺に関してはツイブラでみのごりさんが詳しく説明してくれますから。

 

何よりも『ツイブラ』の素晴らしいところは、購入者がすぐにビジネスを始められるようにシステムが構築されているところです。

 

この点は本当に他の教材や塾と違います。

私が言うよりも、実績十分でツイブラ考案者の、みのごりさんから直接聞いた方が分かりやすいでしょう。

 

無料ですからどうぞ遠慮なく、登録してください。

ツイブラについて詳しくはこちら↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました